コーチング

コーチングを学ぶなら!効果的でおすすめの「学び方・講座・本・注意点」を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 「コーチングを学ぶなら、何から始めたら良いの?」
  • 「誰から学ぶ/どこで学ぶのがベストなの?」
  • 「学ぶためのポイント・注意点は何?」

これらは、コーチングを学ぶ際に出てくる重要な疑問ですね。
同時にコーチングを学ぶ際のポイントや注意点になります。

ポイントを押さえた学び方ほど、コーチング力を高め、仕事やビジネス・対人関係において、より高い成果につながります。その一方でポイントをズラしてしまうと、思うように成果を出せません。

さらに現在のコーチングには、多くの種類があるため「何を、誰から、どのように学ぶか」が重要です。これによりコーチングで得られる成果は、まったく違うものになるケースをたくさん見てきました。

そこでこの記事では、以下のような方に向け、おすすめの「学び方・講座・本・注意点」について紹介します。

  • 仕事やビジネスで使いたい
  • 目標達成や問題解決力を高めたい
  • コーチになりたい/資格を取得したい
  • 対人関係/対人援助の能力を高めたい
  • コミュニケーション能力を高めたい
  • スキルアップやキャリアアップしたい
  • 他者をサポートする能力やスキルを高めたい

など

ということで、こんにちは!
Life&Mindで編集長をしているKENです。

ありがたいことに、世界中にクライアントを持つ、超一流の現役コーチ二人より、コーチングを学ぶことができました。同時に二人が教えるコーチング講座の運営に携わり、「自らもセッション・セルフコーチング・仕事や人間関係での活用」を重ねるうちに、気づいたことがあります。

それはコーチング力を高め、仕事やビジネス・対人関係で成果を出すには「何を、誰から、どのように学ぶか」が重要だということです。それらを含め、コーチングの学び方をまとめました。お役に立てば嬉しく思います。

1.コーチングで学べる内容とメリット

この章では、コーチングで学べる内容とメリットを見ていきましょう。

【コーチングで学べる内容】

下記を実現する「考え方・能力・スキル」を得ることができます。

効果的なゴール設定(脳の機能を効果的に活用)
目的・価値観の明確化
現状把握と事実確認
課題の発見・具体化・掘り起こし
優先順位づけ/成果につながる選択と決断
ゴール達成への道筋(行動計画・ロードマップ)を描く
新しい行動/行動の選択肢をつくる
能力の開発/向上
成果を妨げるマイナスのパターン・要因の解消
10 必要なリソースを明確にする
11 最初の一歩を踏み出す
12 効果的なコーチングモデル(流れ・進め方・手順の基本)
13 効果的なコミュニケーションスキル(信頼を得る・ヒアリング・効果的な質問・会話の掘り下げ など)
14 相手への理解と共感を深める
15 相手の変化に気づき、読み解き、柔軟に対応する

そしてコーチングで得られるメリットは以下になります。

【コーチングで得られるメリット】

目標達成力・問題解決力
対人能力(対人スキル)/コミュニケーション能力
ビジネス力
対人援助の能力/スキル
変化・成長・改善力
ブレイクスルーする力/パフォーマンスを高める力
成果を妨げるマイナス要素の解消・改善する力
セルフイメージを高める/メンタルを整える・ケアする(自分を認める・受け入れる・自己重要感を高める など)
成果につながる思考力
10 自分をアップデートし続ける力

特に大事なのは、「成果を止める/妨げるマイナス要因の解消・改善」ですね。妨げるものやマイナス要素があると、ゴールに対して120%で頑張っていても、力は削がれ、120%をぶつけることができません。ひどいときには、マイナスになることさえあります。

その一方でマイナス要素の解消・改善を行うことで、頑張った120%の力を、そのままゴールへぶつけられるようになり、結果が変わり始めます。

コーチングの実践を積み重ねるほど、「コーチング力」「実践への感覚・感度」「相手や自身に与える影響力」が高まり、より効果的なコーチングを可能にします。

このようにコーチングが仕事やビジネス・人間関係で使える理由は、下記画像のように、「現状」「望んでいる状態」との間にある「GAP(課題・問題・悩み)を埋める/解消する」ことに役立つためです。

コーチングの定義に関して詳しくは、下記記事へまとめていますのでご覧ください。

2.コーチングの学び方3種類(特徴と注意点)/おすすめの学び方

「コーチングはどのように学ぶのがベストなの?」

コーチングの学び方には3種類あります。それぞれには、特徴や注意点・違いがあり、これらを知ることで、自身に合ったベストな学習スタイルを選べます。そこでこの章では、コーチングの学び方3種類(特徴と注意点)/おすすめの学び方を見ていきましょう。

2-1.コーチングの学び方3種類・特徴と注意点

コーチングの学び方について主な3種類を見ていきましょう。

【コーチングの学び方3種類】

  1. コーチング講座
  2. コーチング書籍
  3. コーチングで結果を出している人

具体的には以下のようになります。

【コーチングの学び方3種類・特徴と注意点】

① コーチング講座を受講する

コーチング講座の特徴はこちらです。

  • その道のプロ(専門家)であり、教えることのプロに学べる
  • コーチングを体系的に学べる
  • :考え方・基礎知識・コーチングモデル・基本スキルなど

  • 書籍では得られない情報・考え方・スキル・コツが学べる
  • 学びの理解・実践を促進させる豊富な事例がわかる
  • コーチング資格を取得できる
  • 講座の中/あるいは受講生同士で、実践と振り返りによる改善を繰り返せる
  • 同じ学びを共有する「意識の高い仲間」と出会える
  • 意識の高い仲間と実践し、成長できる
  • プロのコーチに学べる/質問できる
  • 日常での実践前に、講座内で一定量の学びと経験を得られる

など

以上のことから、コーチングを体系的に学びたい/仕事やビジネスで結果を出したい/本格的に学びたいという方は、講座で学ぶのがベストと言えます。

【注意点】

コーチング講座には様々な種類があり、種類によっては、「クライアントの課題・仕事やビジネスで起こる対人関係の課題」に対応できないケースがあることです。

それが続き、最終的にはコーチングをやめてしまうか、別のコーチングを学び直す方もいらっしゃいます。これでは費用対効果も悪く、時間もかかってしまいます。ですので最初から目的に合った、効果的なコーチング講座を選びたいところです。

② コーチング書籍

コーチング書籍の特徴はこちらです。

  • 自分のレベルや目的に合わせて「必要な学び」を得られる
  • :特定のスキル/初級・中級・上級者向けなど

  • いつでも、どこでも、何度でも、読み返せる
  • 安価で学べる

など

特に良書との出会いは、良質なアイデアや気づき、スキルを学べます。あるいは目的に合ったコーチング本を5冊前後、まとめて読むのもおすすめです。短時間で新しい知識を得て、理解を深めることができます。

【注意点】

読むだけで終わらないように注意が必要です。「目的を達成すること」「読書に使うお金と時間に対して、何倍ものリターンを得ること」を考えながら、どのように実践するかを意識して読みましょう。それが成果につながる読書につながります。

③ コーチングで結果を出している人

結果を出している人とは、「すでにコーチとして成功している人」「すでにコーチングを学び、実践して結果が出ている人」を指します。

そして結果を出している人に学ぶ場合の特徴はこちらです。

  • 実践的な考え方・知恵・スキルを教われる
  • 短時間で本質的な学びを得られる
  • 事例があり分かりやすい
  • コーチングにおける注意点がわかる
  • 上手くいかない原因を学べる

など

すでに結果を出している人は、結果が出る理由があるため、結果を出している人に学ぶのが圧倒的に早いです。

【注意点】

誰から学ぶかを注意深く見極めましょう。同じ時間を使うのであれば、本当に結果を出し、コーチング力が高く、教える力を持っている人から学ぶのがベストです。

2-2.筆者が学んだコーチング

筆者の場合、以下のようにコーチングを学び、コーチング力を高める関連する学習を継続し、実践し続けています。
※2019年時点

  1. コーチング講座:35日間・約250時間以上
  2. 関連講座:約70日間・約450時間以上(コーチング力強化になる関連講座)
  3. 心理学NLP講座:44日間・350時間以上
  4. オンラインコーチング講座:毎週1回・2年間受講
  5. コーチング本:30冊以上の読書(関連書籍を含む)
  6. プロコーチのセッション:1ヶ月~1ヶ月半に一度
  7. セルフコーチング:定期的
  8. ミニコーチング:毎日
  9. 仕事やビジネスでの実践:毎日
  10. コーチング講座の運営:5年間
  11. コーチングコンテンツの作成:2年間
  12. 身近なコーチへの質問ややり取り:2年間

など

同時に実践しながら、下記のように失敗も重ねてきています。それがコーチングへの理解を深め、コツを掴み、コーチング力を高めることにつながっています。
※()の中に原因を入れています。

  • 思うように結果を出せない(ベースにある考え方を分かっていない)
  • 相手の課題をクリアできない(小手先のテクニックに走った/相手の課題に気づいていない)
  • 相手の課題に気づけない(質問力が低い/掘り下げた質問をできない)
  • 相手が心を開いてくれない(信頼を得る力が低い/尋問的になっている)
  • 相手が行動できない(環境面・計画面・メンタル面の課題に対応できていない)
  • 誘導的なコーチングをしてしまう(相手にフォーカスしていない)
  • 解決につながらない(コーチングの型に、無理やりハメようとしている)

など

これらの原因は、「コーチングの全体像や考え方を把握できておらず、体系的にコーチングを学んでいなかったことが一つ。経験値が低かったことも一つ。メンタル面に対応する術を分かっていなかったことが一つ」です。

また新しいことを学びたての時は、コーチングを体系的に学んでいても、どうしてもスキルや考え方に偏るなど、バランスを崩しがちです。しかしコーチングを体系的に学んでおくことで、上手くいかない原因を振り返り、基本に立ち戻ることができました。

こうした経験から、コーチングをしっかりと身につけたい/仕事やビジネス・人間関係に取り入れたい方に対して、筆者がおすすめするコーチングの学び方は、講座と言えます。

もちろんコーチング講座で学びながら、書籍や結果を出している人に学ぶことで、より早く、より大きな成果を出しやすくなります。

【補足:筆者が学んだコーチング講座と書籍について】

※筆者が学んだコーチング講座はこちらです。

※動画はこちらです。

 米国NLP&コーチング研究所公認『NLPプロフェッショナルコーチ認定コース』
 従来のコーチングの限界を超える「心理学NLP」×「コーチング」の最強アプローチ

●『NLPプロフェッショナルコーチ認定コース』公式サイトはこちらから
https://www.nlp-coaching.co.jp/

● 遂に実現!世界権威ティム&クリス氏へのインタビュー記事はこちらから
世界権威へインタビュー「NLPプロフェッショナルコーチ認定コース」とは?

そしてコーチングの書籍ですが、コーチング講座受講後に、復習のために読んだ基本・応用・関連の書籍が30冊以上あります。その中から、初心者がコーチングを学ぶ際に役立つと考えた書籍がこちらです。

「コーチング・バイブル―本質的な変化を呼び起こすコミュニケーション」

コーチング・バイブル(第3版)―本質的な変化を呼び起こすコミュニケーション

コーチング・バイブル(第3版)
―本質的な変化を呼び起こすコミュニケーション
ヘンリー・キムジーハウス, キャレン・キムジーハウス東洋経済新報社

「コーチング・マネジメント―人と組織のハイパフォーマンスをつくる」

コーチング・マネジメント―人と組織のハイパフォーマンスをつくる

コーチング・マネジメント
―人と組織のハイパフォーマンスをつくる
伊藤 守ディスカヴァー・トゥエンティワン

「マンガでやさしくわかるコーチング」

マンガでやさしくわかるコーチング

マンガでやさしくわかるコーチングCTIジャパン (著), 重松 延寿 (その他)日本能率協会マネジメントセンター

※コーチング書籍に関して、上記3冊を含めた良書を下記記事にまとめていますので、お役立てください。

2-3.筆者がおすすめする「コーチングの学び方」

「どのようにコーチングを学ぶのがベストか?」

ということですが、筆者がおすすめする「コーチングの学び方」は、コーチング講座への参加です。

私が初めてコーチングを学んだのは20年前になり、先輩や書籍から学び、営業に取り入れていました。その後はマネジメントやコミュニケーションでも使い、本格的に学び始めたのが2014年からでした。

そして本格的に学んだ後は「目標達成・問題解決力、コミュニケーション力、ファシリテーション力」が高まり、手にする結果が変わったこともあり、本気で以下のように考えました。

「もっと早く、本格的にコーチングを学んでいたら、ビジネスや人間関係で手にする結果が、随分と違っていたはず」

特にコーチング講座では、下記条件を満たせるのが大きいですね。

こうした学びの場(環境)が、コーチング講座と言えます。
ここに私が、コーチング講座をおすすめする理由があります。

もちろん同時に、復習やレベルアップのために、書籍や結果を出している人に学ぶことも大事ですね。理解度や実践力が高まります。それではもう少し詳しく、コーチング講座で学ぶメリットを見ていきましょう。

【コーチング講座で学ぶメリット/ベストな理由】

1.コーチングを体系的に学べる(考え方・基礎知識・コーチングモデル・基本スキルなど)

「どのような相手、どんな目標・問題に対しても、対応できる力を身に付けることができたらいかがですか?」

コーチングを体系的に学ぶことで、「いろいろなタイプの人」「様々な目標達成・問題解決・課題のクリア」に対応できる、コーチング力の基礎を身につけることができます。

ここでいう体系的な学びとは、下記のようなものを含みます。

  • 考え方(マインドセット)
  • 基礎知識・コーチングモデル・基本スキルなど
  • 書籍では公開されていないスキル・コツ
  • 学びの理解・実践を促進させる豊富な事例
  • 実践と振り返りによる改善

これらはどれもコーチング力を高め「欲しい結果を、より早く、より確実に、より効果的に実現する」ことを可能にします。部分的な学びだけでは、様々な状況・課題に対応できないこともあるため、体系的に学ぶことは重要です。

2.書籍では得られない、情報・考え方・スキル・コツが学べる

「書籍では得られない、レベルの高いコーチたちが行っている情報・考え方・スキル・コツを学べたら、いかがでしょうか?」

コーチング講座では、書籍では公開されていない、結果を出す方法・スキル・コツが学べます。それが「実践をサポート」し、「より効果的な実践」を可能にします。

書籍では得られない、情報・考え方・スキル・コツとは下記のようなものです。

  • 活字とは比較にならない、講座ならではの情報量と詳細な情報がある
  • 講師がノッてくるほど、講義の予定にはなかった情報を引き出せる
  • 講師への質問をでき、その場で疑問を解消できる
  • コミュニティ内でのみ共有される「講師や受講生」からの情報を得られる
  • 直近で起こった鮮度の高いコーチング実践事例を聞ける

学びの場に足を運んで学ぶには、時間やお金が必要ですが、それ以上にリアルな場で得られる情報量と学び・講師の熱量に触れることには、大きな価値があります。

3.プロのコーチから直接学べる/プロの技を体験できる

「プロのコーチが、なぜ効果的なコーチングを行えるのかを、知りたくないですか?」

例えば、「どのように考え、何を想い・大切にしているか、どのような雰囲気やリズム・流れでコーチングをしているか」という部分ですね。これって実は、効果的なコーチングを実践するために、とても重要なポイントなんです。

コーチング講座では、プロのコーチから直接学べ、プロのコーチングを体験できるため、上記ポイントを押さえることができます。

さらにプロのコーチとの出会いは、以下の役割も担います。

  • メンター:自分のレベルを引き上げてくれる存在
  • お手本:結果を出すためにはこうすれば良いか?という道標

こうした存在を知り、イメージできることで、実践すること、実践レベルを上げることが可能になります。

4.実践と振り返りによる改善/講座内で得られる一定量の学びと経験

「短期間で、コーチングの実践力を磨けたら、いかがでしょうか?」

コーチング講座では「実践」「振り返り」「繰り返す仕組み」があります。この「インプット+アウトプット+振り返っての改善」が、コーチング力と実践力を高める重要なポイントになるんです。

特に下記のような効果があります。

  • コーチングにおける自分の傾向と武器・改善点が見える
  • 講座内で失敗しておけるため、現場で実践をしやすくなる
  • 経験値が高まり、実践の感覚が身につく
  • 実践への躊躇、不安、恐れ、違和感を取り除ける/軽減できる
  • 最初の1歩を踏み出せる

こうして講座内で一定量の学びと経験を得て、実践力を高めていくことができます。

5.同じ学びを共有する「意識の高い仲間」ができる

「信頼でき、お互いに助け合い、高め合える仲間を得られたら、いかがでしょうか?」

誰と一緒に学ぶかで、得られる学び、学びの落とし込み、実践へのモチベーションが大きく変わります。その意味でどんな環境に身を置くかも重要です。

例えば、以下のようなメリットがあります。

  • お互いの経験をシェアしあいながら学べる
  • 学びを自分以外の視点から見ることができる
  • 成長し会える/助け合える/学びを補足しあえる
  • 楽しさやモチベーションが高まる/維持できる
  • 良質なフィードバックをもらえる

など

コーチングが得意かどうかに関係なく、実践を目的とした意識の高い仲間との学びは、講座特有のもので、とても有意義な出会いです。こうした出会いが、新しいビジネスを生み出したり、素敵なご縁になることは少なくありません。

以上のことから、コーチングをしっかりと身につけたい方は、コーチング講座で学ぶのがベストだと言えます。

3.筆者が自信を持っておすすめするコーチング講座

「どんなコーチング講座を学べばよいの?」「おすすめのコーチング講座は?」

この章では、おすすめのコーチング講座として『NLPプロフェッショナルコーチ認定コース』と、その特徴を紹介します。この講座を学ぶかどうかは別にして、コーチング講座への理解を深め、講座探しのお役に立てば嬉しく思います。

3-1.世界レベルの現役プロコーチに学べる

世界レベルの現役プロコーチに学べる意味は、高い基準、高いレベルのコーチングを学べることです。

このコーチング講座を作り、講師を務める「ティム・ハルボム&クリス・ハルボム氏」は、米国NLP&コーチング研究所の創設者です。さらに現役のプロコーチとして、世界中にクライアントを持ち、コーチングの書籍も多数出しています。

さらにこの二人が教える『NLPプロフェッショナルコーチ認定コース』は、ICF(国際コーチ連盟)に承認されたカリキュラムです。プロコーチとして常に磨きをかけ、講座を作り運営し、世界中で教えてきた経験から、ティーチングのプロでもあります。

こうした世界基準のプロコーチから学べるのが『NLPプロフェッショナルコーチ認定コース』の特徴です。さらに彼らをお手本にできることは、大きな価値と言えますね。

※ティム・ハルボム氏は、コーチング分野への長年に渡るたぐいまれな貢献により、「International Academy of Behavioral Medicine, Counseling and Psychotherapy(IABMCP)」より、プロフェッショナル・コーチング分野でのDiplomate(最高位の会員資格)を授与されています。

3-2.レベルの高いコミュニケーションスキルを学べる

コーチング成功の鍵は、コミュニケーションスキルです。

「コーチングの成功」「コーチとしての影響力や支援力」は、相手との信頼関係に左右されます。その意味でコミュニケーションのプロから、レベルの高いコミュニケーションスキルを学べるのは、大きな価値です。

ティムハルボム&クリス・ハルボム氏は、心理学に造詣が深く、「卓越したコミュニケーター」として知られています。その背景には、心理学に長年携わり、以下について理解・研究・実践を繰り返していることが挙げられます。

  • 人の心のメカニズム
  • 人の心がどのように作られ、変化するのか
  • 心の距離を縮め、信頼を得るのはどうしたら良いか
  • 人の感情や心理状態をどのように観察し、読み解くか
  • 会話を広げ、掘り下げ、展開させる話し方・質問法

など

中でも二人に大きな影響を与えているのが心理学NLPです。
心理学NLPは、天才と言われた3人のセラピストが使っていた「卓越したコミュニケーション」「変化の原理原則とスキル」を体系化し、誕生しました。現在では、仕事やビジネス・人間関係、健康面など、活用できる幅が多岐にわたります。

そして心理学NLPで学べる下記コミュニケーションスキルは、コーチングにおいて効果的です。

  • 短時間で深い信頼を得る(つながりを築く)
  • 相手自身が気づいていない「思考や感情」「目標・問題・課題」を整理し、言語化する
  • 効果的なヒアリング
  • 理解と共感を深める
  • 人の心を掴み・動かす言葉の使い方
  • 適切で、効果的な質問
  • 出来事や自分に対するネガティブな意味付けを変える

など

このような心理学NLPの特徴と、コーチングを融合しているのも、『NLPプロフェッショナルコーチ認定コース』の特徴です。

※二人は心理学NLPのトレーナーで、ティム・ハルボム氏に関しては、世界で有数のNLPマスタートレーナーでもあります。

3-3.「メンタル面の課題に対応できる」コーチングカリキュラム

「成果を妨げるネガティブな思考・感情・パターン」「行動を妨げる心理的なブレーキ」

このような側面は、誰もが大なり小なりもっているメンタル面の課題です。もしもこれらが、成果や行動を妨げ、人生にマイナスを生んでいる場合、対応する必要がありますね。こうしたメンタル面の課題をクリアするだけで、手にする結果が変わります。

以上のことから、「メンタル面の課題へ対応をできる力」を身につけることが重要と言え、それを可能にするのが『NLPプロフェッショナルコーチ認定コース』の特徴です。

では『NLPプロフェッショナルコーチ認定コース』が、多くのコーチングでは対応できない「メンタル面の課題」に対応できる理由は何か?ということですが、理由はこうです。

  • 心理学NLPを取り入れている
  • :NLPが持つ「変化の原理原則」と「変化を可能にするスキル」が融合されている

  • メンタル面の課題を考慮したコーチングカリキュラム
  • :予めメンタル面の課題に対応できるように設計されたプログラム

コーチングが人を相手にしている以上、心の動きを無視できません。さらに人が目標や問題に向かう時、意識的、あるいは無意識に、下記のような心の動きに直面するからです。

  • できる/できない
  • 自信がある/自信がない
  • 自分には能力がある/自分には能力がない
  • ワクワクする/不安や恐れを感じる
  • 成功を期待・イメージする/失敗を確信・イメージする

など

通常のコーチングに加えて、上記のようなメンタル面へアプローチを加えたのが、「NLPプロフェッショナルコーチ認定コース」です。

3-4.人生全般にフォーカスしたコーチングプログラム

人生の最重要テーマ4つ「健康・お金・人間関係・生き方(ライフスタイル)」に対する、専門的なアプローチを学べるのも特徴です。4つのテーマで望む結果を得るためには、行動面とメンタル面の両方から、アプローチが必要です。

『NLPプロフェッショナルコーチ認定コース』の場合は、ベーシック編でコーチングの基礎を学び、アドバンス編で4つのテーマに対するコーチングを学びます。

※上級コースは下記4種類です。

  1. ヘルスコーチング(健康・生活習慣編)
  2. ウエルスコーチング(経済的・精神的豊かさ編)
  3. リレーションシップコーチング(人間関係編)
  4. ライフコーチング(人生・生き方編)

3-5.パフォーマンスを高めるスキル

「コーチとしてのパフォーマンス/コーチングした相手のパフォーマンス」をより高く引き上げることができたら、いかがでしょうか?」

メンタル面へのアプローチは、課題への対応だけでなく、パフォーマンスの向上も可能にします。これも「NLPプロフェッショナルコーチ認定コース」の特徴です。

主に以下を可能にします。

  • より高い成果を妨げる課題を解消/改善する
  • より高いパフォーマンスを実現するために必要なリソースを得る
  • 心理的アプローチ/突き抜けた結果を出す人からの学びを通し、パフォーマンスを高める
    • など

以上のことから相手に合わせて、「-(マイナス) ⇒ 0」「0 ⇒ 1」「突き抜けた状態」をつくるためのアプローチを取れるようになります。

3-6.投資効果が高い

メンタル面の課題に対応できるコーチングを必要とする方にとって、『NLPプロフェッショナルコーチ認定コース』で学ぶ内容は、投資効果が高いと言えます。これも大きな特徴です。

最初に学ぶコーチング講座が、行動変容に特化していて、「メンタル面の課題に気づけない」「メンタル面の課題に対処できない」こともあります。その結果コーチングをやらなくなる、あるいは、メンタル面の課題に対応できるコーチングを学び直すため、費用対効果が悪くなります。

以上のことから、メンタル面の課題へ対応できるコーチングは、求める人にとって、費用対効果が高いと言えます。

※出典・参照元:『NLPプロフェッショナルコーチ認定コース』

まとめ

「なぜコーチングを学びたいのでしょうか?」
「コーチングを学ぶことで、どんな結果を実現したいですか?」

この記事では、コーチング力を高め、仕事やビジネス・対人関係において、より高い成果を可能にするコーチングの学び方を紹介しました。

現在のコーチングには、多くの種類があるため「何を、誰から、どのように学ぶか」が重要です。これによりコーチングで得られる成果は、まったく違うものになるケースをたくさん見てきました。

そこで以下のような方に向け、おすすめの学び方・講座・本・注意点について紹介しています。

  • 仕事やビジネスで使いたい
  • 目標達成や問題解決力を高めたい
  • コーチになりたい/資格を取得したい
  • 対人関係/対人援助の能力を高めたい
  • コミュニケーション能力を高めたい
  • スキルアップやキャリアアップしたい
  • 他者をサポートする能力やスキルを高めたい

など

この記事が少しでも、お役に立てれば嬉しく思います。

※心理学NLPに関してはこちらから
【決定版】年間1万人が学ぶ「心理学NLPとは?」NLPが仕事、人生、人間関係で使える理由

※動画:米国NLP&コーチング研究所公認『NLPプロフェッショナルコーチ認定コース』

 従来のコーチングの限界を超える「心理学NLP」×「コーチング」の最強アプローチ

●『NLPプロフェッショナルコーチ認定コース』公式サイトはこちらから
https://www.nlp-coaching.co.jp/

● 遂に実現!世界権威ティム&クリス氏へのインタビュー記事はこちらから
世界権威へインタビュー「NLPプロフェッショナルコーチ認定コース」とは?

※無料でダウンロードできる「心理学NLPのeBOOK」は、以下よりご確認いただけます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

大人気eBOOK【無料プレゼント】
すでに55,171名がダウンロードした
『人生ビジネスステージめる心理学NLP秘密とは

「心理学NLPを学ぶことで、なぜ人生の結果が変わるのか?」

自分を高めて人生を120%楽しむ
「Life & Mind+の運営母体

NLP-JAPANラーニング・センターが監修し、
すでに55,171人が読んだ
『大人気・無料eBook』。

『人生とビジネスでステージを高める心理学NLPの秘密とは?』を無料で公開中!


仕事と人生が充実している人たちが実践中の心理学NLPの秘密。
こんな方に役立つ心理学NLPのスキルを公開しています。

■ ビジネスでより高い成果を上げたい
■ 人間関係の悩みや問題を解決したい
■ コミュニケーション能力を上げたい
■ 販売や営業で成功したい
■ マネジメント能力を向上させたい
■ トラウマやコンプレックスを改善したい
■ 自分のやりたいこと、人生の軸を明確にしたい


もし、あなたが上記のいずれか、あるいはすべてを実現したいと考えるなら、
この無料eBOOKはきっとお役に立てることでしょう。

スグに試せる/試したくなる内容が満載の『無料eBOOK』です。
ぜひダウンロードしてご活用ください。


今すぐ無料eBOOKをダウンロードする

大人気eBOOK【無料プレゼント】すでに55,171名がダウンロードした
『人生ビジネスステージめる心理学NLP秘密とは

「心理学NLPを学ぶことで、なぜ人生の結果が変わるのか?」

自分を高めて人生を120%楽しむ
「Life & Mind+の運営母体

NLP-JAPANラーニング・センターが監修し、すでに55,171人が読んだ『大人気・無料eBook』。

『人生とビジネスでステージを高める心理学NLPの秘密とは?』を無料で公開中!

仕事と人生が充実している人たちが実践中の心理学NLPの秘密。
こんな方に役立つ心理学NLPのスキルを公開しています。

■ ビジネスでより高い成果を上げたい
■ 人間関係の悩みや問題を解決したい
■ コミュニケーション能力を上げたい
■ 販売や営業で成功したい
■ マネジメント能力を向上させたい
■ トラウマやコンプレックスを改善したい
■ 自分のやりたいこと、人生の軸を明確にしたい

もし、あなたが上記のいずれか、あるいはすべてを実現したいと考えるなら、
この無料eBOOKはきっとお役に立てることでしょう。

スグに試せる/試したくなる内容が満載の『無料eBOOK』です。
ぜひダウンロードしてご活用ください。


今すぐ無料eBOOKをダウンロードする

Twitter・RSSでもご購読できます

https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=BXD3nsFc&ai=lm_1288