未分類

成功する人「9つの特徴」成功者エピソードから成功しない人との差を考えよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

成功者には特徴と共通点があります。成功する人はどのような考えを持ち、どのように生きているのか。努力家であることはもちろんですが、それ以外に9つの特徴があります。成功する人の「9つの特徴」と、成功者の事例・ポイントを分かりやすく解説します。

1.成功している人に共通する9つの特徴・考え方

成功している人の多くはスピード感を大事にしているため、ライバルよりも早く行動し、結果を検証して次に活かしています。

そのためにはチームメンバーの協力も必要です。もしあなたが成功したいと願うなら、もっとも手っ取り早い方法は成功した人の習慣や行動パターンを真似ることです。日々の習慣や意識を少し変えるだけで、結果に違いを生み出していくことができます。

そこに役立つ9つの特徴・考え方をご紹介します。

1-1.とにかく読書を好み、勉強する時間を意図的に作っている

成功している人には読書家が多くいます。そのジャンルも幅広く、自らの専門分野外の文献を積極的に読み漁ります。それはインプットした情報をすぐにアウトプットすることで自らの分野に役立てるためです。
成功者の多くは読書の時間を生活の中に意識的に組み込んでいます。結果を出すためには圧倒的な情報量が必要です。その手段として読書は最適なのです。

マイクロソフト社の創業者であり元会長兼顧問のビル・ゲイツ氏は、読書に関して次のような考えを持っています。

「知識のインプットは必要だ。たった1時間でも1年で365時間と考えると馬鹿にできない。習慣化にする差は時間が経てば経つほど圧倒的に現れているかもしれない。」

その習慣は成功者となった今でも続いています。平日では1時間、週末にはさらに時間を増やして読書をしているといいます。それだけ『知識のインプット』が大事だということです。本を読むことこそ成功者になるために最低条件なのです。

1-2.成功者する人も成功できない人も、そこには、『わずかな差』しかないことを知っている

一流スポーツ選手などの圧倒的努力をしたもの同士の戦いでは紙一重の『わずかな差』により勝敗が決まる時があります。『わずかな差』とは努力の先にあるものなのです。

20世紀のあいだに、人間の能力に関する重大な発見が1つあった。

それは、セールスを含むどんな分野でも、トップをとる人は、肝心な部分が他の人よりほんの少し優れているだけだということだ。このわずかな違いのことを “ウィニングエッジ”と呼ぶ。

業界のトップクラスにいる人はみな、それぞれのウィニグエッジを身につけている。その結果、人並み外れた働きや成果を成し遂げているのだ。

参照:
最強の営業の中に書かれている言葉(ブライアン・トレーシー)

わずかの違いでその後の結果に大きな差が出てくる事を『ウイニングエッジ』といいます。競馬の世界では、1着と2着の差が鼻の差でもあっても賞金は数倍違ってきます。しかし、競走馬の実力差は賞金の差ほどはありません。文字どおり鼻の差なのです。

ビジネスの世界に置き換えて考えてみましょう。年収400万の人と年収4000万の人の違いはどこにあるのでしょう?労働時間に10倍の差があるでしょうか?現実問題で不可能ですよね。

経営コンサルタントのブライアン・トレーシー氏は『多くの場合1位と2位の結果は2〜10倍だが、その能力の差は3%程度である』と言っています。その差を埋めるため、自分の潜在能力を知っておく必要があります。

自分の周りで最高の成果をあげている人が、どのように成果を出しているかを知り比較することで、自分の潜在能力が何%発揮されているかがわかります。自分の分野の超一流を100%として、自分はその何%まで達成しているか?その差があなたの『わずかな違い』となるのです。

1-3.一匹狼でいることを覚悟している。

成功者の多くは『強い信念を持つことが夢の実現につながること』を知っています。『信念』とは自分にとって正しいと信じる考えであり、行動のエンジンとなって周りを牽引する力を発揮しますが、その考えは時として自己中心的・自分勝手などの印象を周りに与えてしまい、時として『孤独』を感じる事もあるでしょう。

しかし成功者はそんな『孤独感』に負けることなく、『目標達成』という『信念』を堅く持ち覚悟をもって1人でも進むのです。その覚悟が本気であれば自然と仲間は集まってきます。『一匹狼』とは群れから外れても孤独に負けない覚悟を持って進む人のことをいいます。

1-4.マイナスな体験や経験が将来活かせることを知っている

今起きているマイナスな体験は、自分次第で未来につなげることができます。例えば、会社員生活をする中で、マイナスな体験といえば『転属』などの人事配置転換があります。今までの慣れた環境から変わるのは気持ちが沈むものです。

しかし、この『転属』をマイナスと考えることなく、新しい知識や経験を積むチャンスと捉えることができる人こそ成功者となる人です。『転属』の理由もさまざまあると思いますが、一時の評価で自分を決めることなく、新天地で新しい成長を期待することが将来の糧になることを成功者は知っているのです。

優秀な人の多くは周りとの軋轢を生みます。それはメンバーの「妬み」など、優れているものに対するネガティブな感情が原因となる場合が多いようです。例えばスティーブ・ジョブズ氏。彼も一度組織から外される経験をしています。

しかし彼はその10年後、アップルに再び戻り同社の危機を劇的に救いました。成功者になるためには、マイナスな経験を次に活かすためのステップであると考えなくてはならないのです。

1-5.継続が大きな差になることを知っている

『継続は力なり』

「小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています。」

これは、メジャーリーガーのイチロー選手の言葉です。

成功者の多くは一夜にして成功を掴んだわけではありません。大きな目標に対して、日々努力を積み重ねることで達成できると信じているからこそ継続できるのです。このことはスポーツだけに限ったことではなく、ビジネスの現場でも同様のことがいえるのです。

私が相談を受けたあるビジネスマンの例を紹介しましょう。あるとき彼から、「今まで自分のやってきたことを本にしたい」と相談がありました。その相談に私は「毎日ブログを書く」ことをすすめました。

彼は、文章力はあったのですが、物事を続けることを苦手としていました。普段の生活の中でブログ執筆の時間を取ることが難しく、どうしても後回しにしてしまいがちになり、最初の3日でブログは止まってしまいました。

後日、彼から「どうすれば続けることが出来るか?」と再度相談を受けました。そこで私は「毎日ブログ更新することを『公言』する」ことと「習慣化する『仕組み』を考える」ことを伝えました。それを受け、彼はブログのカレンダーが毎日更新するごとに色が反転するように設定をしました。そうすることで自分に「毎日更新しないと気持ち悪い」と思わせるようにしたところ、ブログを毎日更新できるようになりました。

それから数ヶ月後、彼から嬉しい連絡がありました。出版社から出版の相談が来たとのこと。彼は毎日コツコツブログを更新することで、本を出すという大きな目標を達成したのです。

目標を達成するためには、「何を継続するか」を決めることが必要です。そして決めたことをまずは1か月続けてみましょう。1か月続けることができれば、新しい習慣として定着する可能性が高まります。さらに3か月、半年と続けることで、習慣化することができるでしょう。このように『継続』とは『習慣化』することなのです。

1-6.同レベルと群れないで、自分よりもレベルが高い人と付き合おうとする

あなたがもし「甲子園に出たい」と思ったらどちらの高校に入学しますか?

  • 毎年1回戦で敗退する学校
  • 甲子園常連校

自分のレベルを上げたいと望むなら今の自分よりもワンランク、いや場合によってはもっと上のランクのコミュニティに入るべきです。自分にとっての居心地良い場所は必ずしも成長に適した場所ではないということです。

成功者は、身を置く環境の重要性を分かっているのです。いま、あなたのいる場所は自らを成長させる場所ですか?

1-7.失敗の責任は自分にあると考える。

何かが起こった時。人のせいにすることは簡単です。

人がうまく動いてくれなかった時に「あの人の理解力が足りなかったから失敗した」と
他人を責めることもできます。しかし、このような発想を続けている限り成長や進歩はありません。

成功者は、うまくいかなかった時に「自分がもっと工夫すればよかった」と考えます。
他責ではなく、自責の発想こそが成功者たちの共通点なのです。そして、人から好かれている成功者は下記のように考える傾向にあります。

  • うまくいった時には、「メンバーのお陰」
  • 失敗した時には「自分の責任」

この発想こそが人から好かれる魅力あるリーダーに共通するポイントなのです。

1-8.ギャップを知り、実行する。

大きな目標を立てると、必ず現実との「ギャップ」を知る事になります。
では、成功者はそのギャップを埋めるためにどのようなことを考えているのでしょうか?それは、「自分ならできる」と信じることです。まずは、自分自身が他の誰よりも「できる」ことを信じなければ、目標を達成することは不可能だということを知っています。
「どうせ無理だ」などと言っていたら前に進むことは出来ません。「できる」と信じ、圧倒的な努力で目標達成に向けて実行した人こそが、成功者に近づけるのです。

1-9.人の心理を理解している

商品の購入・イベントへの参加などの購買行動原理から、意思の伝達・メンバーへの行動促進などのリーダーとして必要な人心掌握まで、心理を理解することは成功者になるための重要な要素です。

『パワーワード』それは成功者が人を動かすために使う金言です。
「君ならやれる。わしだったらやれないけれど、君ならやれる。」

あなたがこの言葉を上司から言われたらどのように感じますか?
この言葉は松下幸之助氏(松下電機産業(現パナソニック)創業者)が、社長職に就いていた当時のベストパートナーである開発者の中尾哲二郎氏にかけた言葉です。当時、専門外であったアイロンの開発に不安を感じていた中尾氏にやる気を出させることで、商品化に成功したというエピソードがあります。

「君ならやれる」。この台詞は普段から部下のやる気を高める際に多く使われています。しかし松下氏は一味違います。「わしだったらやれないけれど」この台詞が中尾氏のやる気を引き出し専門外へとチャレンジさせたのです。このセリフの中には『謙虚さ』があります。このような謙虚さが人間的魅力を向上させ、『この人のためなら』という気持ちをメンバーに芽生えさせるのです。

心理を理解してもそこに信頼関係がなければ仲間の成長はありません。多くの成功者はそのことを十分に理解しているからこそ、経営手腕以上に人間的魅力に磨きをかけているのです。

2.【事例】成功者の事例から『成功しない人』との違いを考えよう

誰もが成功者として憧れる3名の事例から、成功のポイントを洗い出してみましょう。彼らの生き方から、さまざまな気づきを得られるのではないでしょうか?

2-1.スティーブ・ジョブズ(アップル社 元CEO)

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

【画像:出典参照元】
スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン
著者:カーマイン・ガロ、翻訳:井口耕二

マッキントッシュ、iPod、iPhoneなどの歴史に残る斬新な商品を次々と生み出したアップル社元CEOのスティーブ・ジョブズ氏といえば、「ハングリーであれ、愚かであれ」などの数多くの名言があり、プレゼンテーションの新しい形を作ったことでも有名です。

彼が成功した大きな要因として、圧倒的な問題解決力があります。退社後再びアップルに復帰したジョブズ氏はiMac、iPod、iPhoneなどの革新的な商品を次々に発表しました。

中でもiPodはアップルをパソコンメーカーから世界のIT業界を牽引する企業へと一気に飛躍させた商品でしたが、ジョブズ氏は安定よりもさらに飛躍するための挑戦を選びました。それはiPodの後継機であるiPodミニの販売を一度中止して、より小型のiPodナノを発売することでした。このときの決断が、のちのiPodの躍進につながったといわれています。

ジョブズ氏はこう言っています。「成功は大いに喜び、誇っていい」しかし、その反面では「現状に問題はなかったのか?」「もっと良くできる改良点はないのか?」と考えるべきだと。「失敗は成功のもと」と言われますが、ジョブズ氏は「成功をさらに高める問題意識」を持つからこそ圧倒的な成功をおさめているのです。
※出典・引用元:スティーブ・ジョブズ 神の仕事術 / 桑原晃弥 PHP研究所より 参考

2-2.柳井正(ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長)

ユニクロ・柳井正のリーダーシップ「全員経営」を実現するトップの言葉

【画像:出典参照元】
ユニクロ・柳井正のリーダーシップ
「全員経営」を実現するトップの言葉

著者:川嶋 幸太郎

柳井正氏は、ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長で、ユニクロでファストファッション界の世界を席巻しました。成功者にとって教科書となる本が必ずあります。「プロフェッショナルマネジャー・ノート」が、柳井氏にとっての教科書でした。

「単純労働から知識労働に変わらない限り、付加価値を上げられない。」や「最も大きいのは社員の意識の問題。物理的なことよりも、社員の習慣や仕事のやり方の見直しが、大きな挑戦になる。」など、仕事に対する意識の持ち方に関する考えを多く発言しています。

中でも「目的がなく人と会っても何の収穫もない。それより、ひとりでじっくり勉強すべき。」という言葉は、柳井氏の人柄がよく分かるものの1つです。時間には限りがあり、有効活用するためには無駄な時間は排除しなくてはいけません。

一見冷たく感じるかもしれませんが成功者は孤独です。これからの会社のことを考えるにはひとりの時間が必要なのです。

柳井氏も他の成功者と同様に無類の読書好きとして知られ、特にドラッカーの著書を愛読し経営の真髄を学んだといわれています。

柳井氏曰く「ビジネスの本質は昔も今も変わらない。ドラッカーの著書に書かれている本質を理解出来たなら、自ずと戦略は出てくる。」ということです。

また、柳井氏がドラッカーから影響を受けたことの1つに「顧客の創造」があります。
「顧客の要望に応えなくてはいけない。顧客がどういうことを考えているのかを想像して、それに応える。それはファンを作ることと一緒だ。すなわちファンを作ることこそがビジネスで成功するためにとても重要だ」と考えているそうで、それが現在の成功につながっているのです。

2-3.イーロン・マスク(スペースX CEO兼CTO)

イーロン・マスク 未来を創る男

【画像:出典参照元】
イーロン・マスク 未来を創る男
著者:アシュリー・バンス、翻訳:斎藤栄一郎

実業家でスペースX社 CEO兼CTOのイーロン・マスク氏は、「人類を火星に移住させる。」と言いました。こんな夢物語を信じられるでしょうか?

しかし、今までオンライン決済PayPalや電気自動車事業テスラ・モーターズなど、数多くの新規事業を成功させている彼であれば可能かもしれません。

数多くの事業を成功させるために、マスク氏はメンバーとのコミュニケーションが重要だと言います。週に100時間働いているといわれるマスク氏ではありますが、決して1人だけでこれだけの事業を成功させたわけではありません。メンバーとの「信頼関係」が、目標達成には不可欠であることをマスク氏は知っているのです。

マスク氏はコミュニケーションに関して、次のような考えをテスラ・モーターズの従業員に伝えています。テスラで働くすべての従業員は、問題解決を最速で行うためには社内で貢献できると考えられる相手に対して、直接メールやコンタクトを取るべきだと。

その場合には直属の上司の許可を取る必要はなく他部署のマネジャーや社長に対しても接触してよいとしています。この考えはテスラ社が既存の自動車メーカーと勝負することに対して知性と敏捷さで対抗するために必要なことなのです。

また、これを実現するためには、リーダーはメンバーに対して『強い信頼』を持たなくてはならず、チームの『責任』も自らが背負う強い信念が必要だということをマスク氏はリーダーに伝えています。

3.まとめ

成功者になるための要素をあらためて確認して、明日から実行しましょう。今までの自分とこれからの自分を対比して行動できるよう、ポイントをまとめました。

【ポイント】

  • 何事も後回しにしがち。 ⇒ 行動の優先順位を明確にしましょう。
  • 安定を好む。 ⇒ 環境の変化に対して歓迎する姿勢を持ちましょう。
  • 集団(群れ)を好む。 ⇒ 『覚悟』をもって一匹狼になりましょう。
  • 自己投資をしない。 ⇒ 本を読む習慣を身につけましょう。
  • 自信がない。 ⇒ セルフイメージをあげて自信をつけましょう。
  • ブレやすい。 ⇒ 『堅い信念』をもって行動しましょう。
  • 継続しない。 ⇒ 『習慣化』できる仕組みを考えましょう。
  • いつも同じレベルのコミュニティにいる。 ⇒ 自己成長のために今より上のコミュニティに入りましょう。
  • 責任感がない。 ⇒ 何事も『自分事』にして責任感を向上させましょう。
  • 信頼関係が築けていない。 ⇒ 相手の心理状態をよく観察しましょう。

成功者は常に先を考え、目標を実現するために最速のスピードと圧倒的な努力を惜しみません。以前ソフトバンクの孫正義会長がTwitterの要望ツイートに対して「やりましょう」と即コメントし対応しました。このスピード感と実行力が成功者たる所以なのです。
今回は9つの特徴について説明をしました。それぞれが成功者になるために必要不可欠な要素です。普段から意識高くもって成功者になりましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

大人気eBOOK【無料プレゼント】
すでに55,171名がダウンロードした
『人生ビジネスステージめる心理学NLP秘密とは

「心理学NLPを学ぶことで、なぜ人生の結果が変わるのか?」

自分を高めて人生を120%楽しむ
「Life & Mind+の運営母体

NLP-JAPANラーニング・センターが監修し、
すでに55,171人が読んだ
『大人気・無料eBook』。

『人生とビジネスでステージを高める心理学NLPの秘密とは?』を無料で公開中!


仕事と人生が充実している人たちが実践中の心理学NLPの秘密。
こんな方に役立つ心理学NLPのスキルを公開しています。

■ ビジネスでより高い成果を上げたい
■ 人間関係の悩みや問題を解決したい
■ コミュニケーション能力を上げたい
■ 販売や営業で成功したい
■ マネジメント能力を向上させたい
■ トラウマやコンプレックスを改善したい
■ 自分のやりたいこと、人生の軸を明確にしたい


もし、あなたが上記のいずれか、あるいはすべてを実現したいと考えるなら、
この無料eBOOKはきっとお役に立てることでしょう。

スグに試せる/試したくなる内容が満載の『無料eBOOK』です。
ぜひダウンロードしてご活用ください。


今すぐ無料eBOOKをダウンロードする

大人気eBOOK【無料プレゼント】すでに55,171名がダウンロードした
『人生ビジネスステージめる心理学NLP秘密とは

「心理学NLPを学ぶことで、なぜ人生の結果が変わるのか?」

自分を高めて人生を120%楽しむ
「Life & Mind+の運営母体

NLP-JAPANラーニング・センターが監修し、すでに55,171人が読んだ『大人気・無料eBook』。

『人生とビジネスでステージを高める心理学NLPの秘密とは?』を無料で公開中!

仕事と人生が充実している人たちが実践中の心理学NLPの秘密。
こんな方に役立つ心理学NLPのスキルを公開しています。

■ ビジネスでより高い成果を上げたい
■ 人間関係の悩みや問題を解決したい
■ コミュニケーション能力を上げたい
■ 販売や営業で成功したい
■ マネジメント能力を向上させたい
■ トラウマやコンプレックスを改善したい
■ 自分のやりたいこと、人生の軸を明確にしたい

もし、あなたが上記のいずれか、あるいはすべてを実現したいと考えるなら、
この無料eBOOKはきっとお役に立てることでしょう。

スグに試せる/試したくなる内容が満載の『無料eBOOK』です。
ぜひダウンロードしてご活用ください。


今すぐ無料eBOOKをダウンロードする

Twitter・RSSでもご購読できます

コメントを残す

*