ビジネス・仕事

フィードバックとは?メリットや上手な伝え方を伝授

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ビジネスの世界で
よく聞くフィードバック

あなたは効果や意味を理解し、
うまく使いこなせているでしょうか。

よりよい成果を生み出すためにも
ここでは、フィードバックのメリットや

心理学NLPを駆使した
効果的なフィードバックの伝え方も
お伝えしていきます。

今更、フィードバックのやり方なんて
聞けないという方も、この記事を読んで

上手にフィードバックを
使いこなしていきましょう。

NLP無料レポート

1.フィードバックとは?

フィードバックを辞書で引くと

動作や行為などにおいて、その結果を原因にてらしあわせ、原因を調整していくこと。

と書かれています。(コトバンク引用)

こうしたところから、ビジネスの世界においては、行動や成果に対する評価や、改善点・アドバイスを伝えることを指します。

注意や指摘と異なる点は、どのように行動すればよかったのかなど、行動に対して、具体的な内容を伝えることが挙げられます。

NLP体験講座(ビジネス・仕事用)

2.フィードバックのメリット

近年、フィードバックの重要性が重視されていますが、一体どのような効果・メリットがあるのでしょうか。

下記に簡単にまとめました。

2-1.目標まで最短ルートで進める

フィードバックを伝えることで、軌道修正が可能となるため、間違ったことをしてしまう時間を削減できます。

フィードバックは指摘だけではなく、具体的に改善点を伝えることなので、どのようにすればいいか明確になりやすく、目標まで最短ルートで進むことができるようになります

また、自分から質問することが、苦手な人も中にはいるので、相手からの質問を待たずに、こちらが進んでほしいルートを提示することができ、時間短縮にもつながります。

2-2.スキルの向上

通常、やはり上司のほうが仕事ができるのは当たり前で、社会経験が長い人ほど、多くの知識や経験を持っているものです。

そのような先輩や上司からのアドバイスは、後輩や部下からすると目からウロコな内容であるということも、少なくないと思います。

持っている知識や、経験談をフィードバックの中で伝授すれば、相手がスキルアップする効果もあります。

悩んでいる人がいれば、惜しまずにフィードバックをして、視野を広げてあげることを行ってみてください

2-3.モチベーションアップ

相手のいいところも伝えるので、自ずとモチベーションがアップします。

また、フィードバックするということは、相手のことを気にかけているという証にもなりますので、頑張ろうという気持ちが生まれてくる人も多いです。

自己重要感が低い人にとっては、人に気にかけてもらえるだけでも、モチベーションアップに繋がります。

自己重要感を上げてくれる人は、なかなかいないので、相手の自己重要感を上げることができれば、かなり効果が出ます。

自己重要感が上がると、積極的に行動できる人も多くなるので、チームがエネルギッシュになることも期待できます。

自己重要感について、詳しく知りたい方は、下記の記事を参照してください。

『自己重要感』がわかれば、自分も他人も幸せにできる

2-4.信頼関係の構築につながる

適度にフィードバックを行うということは、その度にコミュニケーションを取るということです。

交流が深まるほど、親近感が生まれ、強い絆ができ、信頼関係の構築に繋がっていきます。

そうすると、よりフィードバックもしやすくなり、一石二鳥の関係性が生まれます。

近年、問題視されているパワハラや、セクハラなどのハラスメントも、信頼関係を築けていないことが、問題の一つになっている状況です。

しっかりとコミュニケーションを取って、信頼関係を築くことで問題も減らし、働きやすい環境を作っていくことが可能となります。

3.フィードバックの種類

2つの種類にフィードバックは分けられます。

それぞれ解説いたします。

3-1.ポジティブフィードバック

ポジティブフィードバックとは、相手の良かった点を伝えるフィードバックです。

褒める、認める、労うといった要素があるので、フィードバックをもらった人は自己重要感が上がり、モチベーションもアップするフィードバック方法です。

どの点がどのように良かったのかを、具体的に伝えるのがポイントです。

日頃の感謝などもこの機会に伝えると、更に効果的です。

3-2.ネガティブフィードバック

ネガティブフィードバックとは、相手のできていなかったところを指摘して、具体的にどうすればいいかを伝えます

ポジティブフィードバックとは異なり、改善点を伝えるため、伝え方には十分に気をつける必要があります。

「もっとよくするために」
「あなたが成長するために」
「あなたの実力を見込んで」など

なぜフィードバックをしているのかを、示しながら伝えることで受け取りやすくなるでしょう。

場合によっては、ポジティブフィードバックも駆使しながら伝えることで、より効果が生まれますので、ぜひ一緒に伝えていきましょう。

4.フィードバックの方法

フィードバックの伝え方は様々なものがありますが、ここでは、特におすすめの伝え方3つを、ご紹介いたします。

4-1.サンドウィッチフィードバック

サンドウィッチフィードバックとは、ネガティブな内容を、ポジティブな内容に挟んで伝える方法です。

具体的には、良かった点を伝えた後に、悪かった点と具体的な改善策を伝え、また、別の良かった点で締めくくる流れになります。

例えば、次のような形でフィードバックします。

  • 「さっきのプレゼンでは、全員に目配せができていて引き込まれたよ。」

  • 「しいていうなら、ジェスチャーが多くて気になるところもあったから、そこも意識するとよりよくなるんじゃないかな。」

  • 「それにしても、話すスピードもちょうどよかったし みんな聞き入ってたよ。」

ネガティブな内容だけだと、受け取りにくくなる人もいらっしゃいますが、上記のように、まず、ポジティブなところから入ると、聞き入れてもらいやすくなります。

また、最後もポジティブなフィードバックで終えるため、相手のストレスも少なく、うまくフィードバックを伝えることが可能となります。

4-2.SBI型フィードバック

SBI型とは、下記の順番で伝えることで、受け取り手が内容を理解しやすくなるという、フィードバックの方法です。

Situation(状況)
:何について話すか前提を伝える

Behavior(行動)
:事実に基づき、相手の行動について具体的に話す

Impact(結果)
:その行動がどのような結果を生んだのかを説明する

例えば、次のような形でフィードバックします。

  • S:「今日のお客様対応についてなんだけど」

  • B:「前もって情報を確認して話してくれたよね。」

  • I:「そのおかげで、気配りができるスタッフが多いねって
    お褒めの言葉をいただいたよ。
    これからも、お客様第一で行動してくれると助かります。」

このように、あなたの行動により、結果がどうなったのか、どう影響したのかを伝えていきます。

また、最後に、今後どうしてほしいのかを伝えていくことで、相手に納得してもらいやすいフィードバックを、伝えることができます。

この状況・行動・結果の順番で伝えることにより、具体的に内容が理解できるので、お互いの考えに齟齬がなく、改善につながりやすくなっていきます

4-3.ペンドルトン型フィードバック

ペンドルトン型フィードバックとは、心理学者のペンドルトン氏が開発した方法です。

まず、何について話すのか決め、フィードバックする人とされる人が、お互いにディスカッションしながら、下記の枠組みに沿って進めていきます

  1. 良かった点
  2. 改善点
  3. 具体的な改善方法
  4. 次の行動計画

一方的に伝えるフィードバックとは異なり、フィードバックされる人も考えて、意見を出してディスカッションしていくので、少々時間は要してしまいますが、行動を自身で振り返りながら進めるため、より受け取り手が納得しやすいフィードバックの方法になります。

5.より効果を出すポイント

ここからは、4章で書いたフィードバックの方法の効果が、より出るように、心理学NLPのスキルや考え方を使いながら、伝えるポイントをお伝えします。

5-1.信頼関係を十分に築く

フィードバックを伝えるには、信頼関係を築くことがになってきます。

たとえば、初めて会った人から、なにかフィードバックをもらったとしても、素直に受け取れる人は多くないかもしれません。

反対に信頼している人からのフィードバックは、ありがたいと感謝するのではないでしょうか。

信頼関係があるか、ないかで、受け取り方がかなり変わってくるということです。

信頼関係はスイッチを押せば、すぐに築けるというものではありませんが、築く時間を短くすることは可能です。

その方法は、相手の話すスピードや言葉、動きに合わせるということです。

それだけでいいの?と感じられた方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、これをするだけで、信頼関係を築くことが簡単になります。

なぜかというと、自分と近いものに安心感を感じやすいというのが、本能レベルで人間が持っている感覚だからです。

初めて会った人が同郷だとわかったときに、安心したり、親近感が湧いた経験が、あなたにもあるかもしれません。

これと同じ原理で、自分となにか合っているものがあると、安心感があり、心を開きやすくなります。

心を開いてくれると、フィードバックをすんなりと受け入れてくれる土台ができます。

その土台作りをまず行ってから、フィードバックすることをおすすめします。

5-2.リフレーミングでフィードバック

4章でお伝えした、サンドウィッチフィードバックに使うと効果的なのが、「リフレーミング」です。

リフレーミングとは、心理学NLPの手法の1つで、ものの見方や視点の枠組みを変えることを言います。

一見マイナスな面にも、ポジティブな側面があります。

その側面を見出すことができるようになると、フィードバックの質も上がっていきます。

例えば、作業スピードがかなり遅い人に対して、早くしてほしいと伝えたいとしましょう。

その際に、「作業スピードが遅い」ことのポジティブな側面を考えます。

「仕事が丁寧」「ミスが少ない」などが挙げられると思います。

それを取り入れながら、サンドイッチフィードバックで伝えてみると、下記のようになります。

「〇〇さんの仕事は丁寧で安心感があるね。」

「もし、もっとスピード感を上げられるなら
周りの人のサポートもできるから、効率がいいね。」

「いつもミスが少なくて助かってるよ。ありがとう。」

このように、前後の言葉をリフレーミングの言葉で伝えると、自分のいいところも知ることができ、成長するための学びにも繋がってきます。

また、フィードバックを伝える側からしても、いいポジティブフィードバックが思いつかないとなった際に、リフレーミングが使いこなせると、フィードバックするハードルが下がり、伝えやすくなります。

リフレーミングは練習すればするほど、身についていきますので、ぜひ試してみてください。

5-3.「行動」をフィードバック

上記でもお伝えした心理学NLPでは、「ニューロ・ロジカル・レベル」という考え方があります。

人の意識には、5段階のレベルが存在することを表したものです。

その5段階については、下記のとおり、下から、環境、行動、能力、信念・価値観(大切なこと)、そして、自己認識です。

上位の要素が、下位の要素に影響を与えます。

この考え方を知っていると、フィードバックを与える際に、強い効果を生み出すことができます。

例えば、お客様とのアポイントが少ない人に対して、

「お前はアポイントがないから、だめなんだ」

と伝えてしまうと、自己認識の部分を否定することになり、「私は無能」「私はダメ人間」といった感覚を、与えてしまいます。

そうすると、言われた人は、能力を発揮することができず、望まない結果を生み出してしまうことが予想されます。

フィードバックを与える際は、

「あなたはアポイントに行く回数が少ないから、
営業を増やしてみてはどうか」

というように、下層の「環境」や「行動」の部分をフィードバックすることが鍵となってきます。

反対に、褒めるようなポジティブフィードバックならば、上位にある「信念・価値観」や、自己認識」の部分をフィードバックすることで、効果的な学習や成長が生まれてきます。

「あなたがいてくれて本当に助かった。」

と存在を感謝されると、嬉しいと感じませんか。

ぐっと引き込まれるフィードバックをするためにも、心理学NLPのニューロ・ロジカル・レベルを駆使して、より効果を出していきましょう。

NLP無料レポート

NLP体験講座

6.まとめ

フィードバックについてお伝えしてきましたが、参考になりましたでしょうか。

フィードバックの伝え方次第で、より良い結果を導き出すことができます。

いいフィードバックをすると、目標達成するだけではなく、深い信頼関係を築くことができたり、相手の自己重要感を上げられるなど、様々な効果も期待できます。

ぜひ、上記でお伝えした伝え方を駆使して、あなたのフィードバックを、効果的なものにしてください。

また、上記でご紹介した「心理学NLP」とは、
Neuro Linguistic Programming(神経言語プログラミング)の略称で、別名「脳と心の取扱説明書」と呼ばれる新しい心理学です。

もし、ご興味をお持ちであれば、すでに10万名以上がお読みになっているNLPの無料レポートをお読みいただくか、定期的に開催している「NLP体験講座」にご参加ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

大人気 NLP無料レポート【プレゼント】
すでに10万720名がダウンロードした
『人生ビジネスステージめる心理学NLP秘密とは

画像
「心理学NLPを学ぶことで、なぜ人生の結果が変わるのか?」

自分を高めて人生を120%楽しむ
「Life & Mind+の運営母体

NLP-JAPANラーニング・センターが監修し、
すでに10万720名が読んだ
『大人気・無料レポート』。

『人生とビジネスでステージを高める心理学NLPの
秘密とは?』
を無料で公開中!



仕事と人生が充実している人たちが実践中の心理学NLPの秘密。
こんな方に役立つ心理学NLPのスキルを公開しています。

■ ビジネスでより高い成果を上げたい
■ 人間関係の悩みや問題を解決したい
■ コミュニケーション能力を上げたい
■ 販売や営業で成功したい
■ マネジメント能力を向上させたい
■ トラウマやコンプレックスを改善したい
■ 自分のやりたいこと、人生の軸を明確にしたい


もし、あなたが上記のいずれか、あるいはすべてを実現したいと考えるなら、
この無料レポートはきっとお役に立てることでしょう。

スグに試せる/試したくなる内容が満載の『無料レポート』です。
ぜひダウンロードしてご活用ください。


今すぐ「NLP 無料レポート」をダウンロードする

大人気レポート【無料プレゼント】すでに10万720名名がダウンロードした
『人生ビジネスステージめる心理学NLP秘密とは

画像

「心理学NLPを学ぶことで、なぜ人生の結果が変わるのか?」

自分を高めて人生を120%楽しむ
「Life & Mind+の運営母体

NLP-JAPANラーニング・センターが監修し、
すでに10万720名が読んだ
『大人気・無料レポート』。

『人生とビジネスでステージを高める心理学NLPの秘密とは?』を無料で公開中!

仕事と人生が充実している人たちが実践中の心理学NLPの秘密。
こんな方に役立つ心理学NLPのスキルを公開しています。

■ ビジネスでより高い成果を上げたい
■ 人間関係の悩みや問題を解決したい
■ コミュニケーション能力を上げたい
■ 販売や営業で成功したい
■ マネジメント能力を向上させたい
■ トラウマやコンプレックスを改善したい
■ 自分のやりたいこと、人生の軸を明確にしたい

もし、あなたが上記のいずれか、あるいはすべてを実現したいと考えるなら、
この無料レポートはきっとお役に立てることでしょう。

スグに試せる/試したくなる内容が満載の『無料レポート』です。
ぜひダウンロードしてご活用ください。


今すぐ無料レポートをダウンロードする

Twitter・RSSでもご購読できます

コメントを残す

*