NLP・心理学

自分を成長させる3つの質問

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
3つの質問

人生や仕事で価値ある目標を本気で達成する大人の塾「足達塾」。

その塾長であり、実践心理学NLP(神経言語プログラミング)のマスタートレーナーの
足達大和(あしだちやまと)がお届けするメッセージ、その名も【魁‼足達塾 活字編】

今回は「自分を成長させる3つの質問」というタイトルでお届けします。


さて、自分を成長させる方法はいくつもありますね。

  • 本を読む
  • YouTubeで情報を仕入れる
  • セミナーや講演に参加する
  • リアルやオンラインのコミュニティで刺激を受ける
  • アウトプットや実践の数を増やす
  • 失敗や挫折からもう一度立ち上がる
    →(個人的には、大変ですがこれ一番効用あり)

この他にもあなたなりのやり方があると思いますが、
今回は【質問で自分を成長させる】ということをお伝えします。

セルフコーチングと言えば、そうなのですが、
そんなカタカナ使ってカッコよさげにしなくても大丈夫な話です。

なぜ質問がいいのか。

脳は問いかけに対して答えを出そうとします。

  • 今日何を食べようかな・・・
  • 今日は何を着て出かけようかな・・・
  • 明日は何時に起きようかな・・・

と、いろんな問いかけ、
つまり「質問」を自分に投げかけていて
それに対応しようとあなたの脳は答えを用意します。

例えば「宝クジ3億円当たったら何に使いますか」と問いかけたら、
どんな答えが出てくるでしょうか?

  • 貯金でしょうか?
  • ローンや借金の返済に当てますか?
  • 投資に使っていくでしょうか?
  • それとも好きなものを1千万分は買いまくる、でしょうか?

答えはいろいろあると思いますが、
ここでは問いによって脳はその答えを出そうとする、
ということをお伝えしたいわけです。

「3億円当たったら何に使いますか?」と聞かれて、

  • → 昨日の夕食はカツカレーでした。
  • → 私の場合、左足の方が少しサイズが大きいです。
  • → チャームポイントは、このホウレイ線です!

と答える方はいないと思います。

これは脳が問いに答え(応え)ようとする
機能があるということです。
つまり、脳は「質問」に弱いわけです。

この問いをうまく活用することによって、
あなたにとっての最適な答えを
みつけていくことができるようになってきます。

ここに意識が行かない方は、
自動的にネガティブな気分や状態に入ります。
例えば、

  • どうして自分は人より仕事ができないんだろう・・・
  • なんで自分はモテないんだろう・・・
  • どうして自分は何をやってもダメなんだろう・・・

といった質問をしていると答えは想像できると思います。
この問いは、気分を落ち込ませしまい
あなた自身をいい状態にはしてくれません。

逆に

  • どこを改善すれば、自分の印象や評価はあがるだろうか?
  • 何をすれば、自分の価値を高めることができるだろうか?
  • 「どうすればできるか」、
    そして今日中にできる小さな一歩は何か?

こういった質問も想像すると見えてきますが、

視野が広がり、自分を成長させる分野に脳がフォーカスし、
情報収集をはじめ、その答えを探そうとします。
海に行きたいのに「山はどこだ?」
山に行きたいのに「海はどこだ?」、
これでは停滞してしまうのが目に見えていますね。

「あなたは1時間後に何をしているでしょうか?」
こう質問されると、私たちは未来のことを考えます。また、

「昨日の今頃、あなたは何をしていましたか?」
と聞かれると、あなたの脳は過去にアクセスし答えを出そうとします。

「問い」は、ネガティブにアクセスしたり、ポジティブにアクセスしたり、
先ほどのように過去にも未来にも行き来することができます。

こういった特徴を活用して、
あなた自身を変化、そして成長させていきます。

私は25年ほど前からでしょうか、
「質問に関するセミナー」を開催し、
これまで数多くの質問を考えてきました。

その数は1,000を超えます。

なかでも大切で、読者のあなたに役立てられる
シンプルな3つの質問を今回ご紹介します。

質問は自分にも活用できますし、
あなたの周囲の大切な人にも活用できるスキルです。

いいものがあったらぜひ試してみてください。

■可能性を高める質問「どうしたらできるか」

最初の質問は「どうしたらできるか」です。

うまくいく方は、この「どうしたらできるか」を
意識的にも、無意識的にも活用しています。

どうしたらできるか?

こういう問いを活用するからこそ、
できない理由ではなく達成や実現の可能性に目が向き、
選択肢が生まれ、事を動かし始めます。

「どうしたらできるか?」でも浮かばない時は

新しい何かにチャレンジするときは、やり方がわからなかったり、
どこにいけば誰に聞けばいいのかわからない状態にいます。

ですから、ハードルが高く感じるようであれば、
私がお伝えしているNLP(神経言語プログラミング)の
「As Ifアズイフ・フレーム」がおすすめです。

「As Ifアズイフ・フレーム」とは
「もしできるとしたら」「仮にやれるとしたら」という質問です。

「もし」と前に言葉つくと
心理的ハードルが下がるのがわかると思います。

  • 「仮にできるとしたら何ができるか」
  • 「もしできるとしたら何から始めるか」
  • 「やるやらないは置いといて、やれるとしたら何がやれるか」

こんな風に活用します。
「ムリだ!」「できない!」と自動反応的におきるあなたの制限の
ハードルを下げ、可能性の扉を開けていくときに活用できます。

NLPの「As Ifアズイフ・フレーム」、
ぜひ活用してください。

※NLPとは天才たちの卓越性をモデルとしてまとめ、普通の人たちでも活用できるようにした思考やスキル集です。

それでは2つ目の質問です。

■仕事や人生の質を高める質問「この目的は何か?」

「この目的は何か?」

この質問は時間の活用の質や
あなたの人生の質を高めてくれる質問です。

私たちはしばしば「目的」と「手段」をはき違えて、
時間やエネルギーをムダに使ってしまうことがあります。

  • 自分のやり方がいかに正しいか、
  • またいかに相手が間違っているか、

その証明に時間と労力を注ぎ、
望む成果や結果より、疲れやストレスを手に入れてしまいがちです。

  • なんのためにそのことに取り組んでいるのか。
  • その目的は何か。

例えば会議などで、
その会議の目的をメンバーに共有できていないと

余計な話が発生したり、マウントの取り合いが生まれたり、
分析や思考が堂々巡りとなって結論がでないまま、
なんてことがあります。

あなたにも経験があると思いますが、
目的が明確であれば、
方法A、B、Cといくつか生まれます。

例えば「パートナーと楽しい旅行の時間を体験する」
という目的があったとします。

  • A:飛行機での旅
  • B:新幹線や電車での旅
  • C:船での旅

これらはすべて目的そのものではなく、
手段であり、方法です。

そこを「私は飛行機だ!」「私は船だ!」と
言い合っても疲れるばかり。

目的は、楽しい旅行、楽しい時間を二人で体験することなので例えば、
「車でドライブして、自転車で旅先を回る」といったことも選択肢と生まれてきます。
先ほどの例でいえば、「飛行機で移動し、旅先で船に乗る」ということも目的から外れていませんね。

目的は何か

目的が明確で特定していれば、
方法は無数に生まれるといいます。

この質問は無駄を省き、あなたの目的に直結する
仕事や人生の時間の使い方が洗練される質問、
つまりあなたを成長させる質問になります。

何かを始める時、また誰かとコミュニケーションを始める時の
役立つツールとして活用してください。

■周囲との関係性に関する質問

「あなたのような人と一緒にいたいか?」

手遅れになる前に活用しておきたい
あなた自身の評価を高める質問です。

例えば仕事で以下のような質問を投げかけます。

「もしあなたの部下に、あなたのような人がいたら、仕事はやりやすいかどうか」

この質問、いかがでしょうか。
ぜひ時間をとって自問自答していただきたいのですが

ひょっとしたら、「自分のような部下がいた方がいい」
という答えが出てくる人もいると思いますが、
少し止まって客観的に観察していただきのです。

視点を変えて想像してみてください。

あなた自身が出社して、周囲が明るく活発になるような挨拶ができているか。
リモートで画面越しに映るあなたはどんな人として映っているかどうか。

想像してみてください。

人に何かをお願いするとき、
相手は気持ちよく対応してくれるような人になっているかどうか。
怖さやポジションパワーで人が動いていないかどうか。

ほめる時、注意をするとき、どんな人に映っているかなど、
仕事におけるあなたという
「一人の人間」を見直すきっかけとなる質問です。

  • 素直さが足りない
  • 自分のことしか考えてなくて独りよがり
  • 威圧的で傲慢
  • 何を考えているかわからず不気味
  • やる気が見えない、物足りない

といろんなことが見えてきたら、そこはチャンスです。

自分の中から出てくる改善は、素直に取り組めると思います。
もちろん定着には時間がかかりますが、人から言われた改善点と
自分の中から生まれた改善点では、

全く違うエネルギーが生まれてくるのが想像できると思います。

  • もっと素直になるといろんなコミュニケーションができそうだな
  • もっといろんなことを表現した方がいいかなぁ
  • 返事は早く気持ちよくできるといいなぁ

と、シンプルなことで大丈夫です。

週に一度でもいいので問いの時間をとって
「今週の自分は、一緒に仕事をしたくなる自分になっていただろうか」
こんな問いと向き合ってみるといいですね。

  • 「こんな人と一緒に仕事ができてよかったと、思われるための改善点は何か」
  • 「この人にはできれば昇給の機会を与えたい、〇〇さえあれば・・・の〇〇とは何か」
  • 「憧れの人に『さすがだね』と言ってもらうために、何に取り組めばいいか?」
  • 「自分がもし社長なら、今の自分にその給料をあげるかどうか?」
  • 「今の自分は『他社から引き抜きたい』ほど貴重な人材になっているか?」

視点を変えれば、いろんな質問が出てくると思います。

※NLPでは、【知覚位置(パーセプチャルポジション)】という概念をベースにお伝えしました。このあたりを学んでいる方はストレスも減って、より自由に人間関係が築けているのが特徴です。

NLP無料レポート

NLP体験講座

まとめ

今回は自分を成長させる質問についてのお話でした。

この記事を読み終えたら、次の質問の答えをみつけて、
すぐに実践してみてください。

「今自分が成長できるために、どんな質問が有効だろうか」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

大人気 NLP無料レポート【プレゼント】
すでに55,171名がダウンロードした
『人生ビジネスステージめる心理学NLP秘密とは

「心理学NLPを学ぶことで、なぜ人生の結果が変わるのか?」

自分を高めて人生を120%楽しむ
「Life & Mind+の運営母体

NLP-JAPANラーニング・センターが監修し、
すでに55,171人が読んだ
『大人気・無料レポート』。

『人生とビジネスでステージを高める心理学NLPの秘密とは?』を無料で公開中!


仕事と人生が充実している人たちが実践中の心理学NLPの秘密。
こんな方に役立つ心理学NLPのスキルを公開しています。

■ ビジネスでより高い成果を上げたい
■ 人間関係の悩みや問題を解決したい
■ コミュニケーション能力を上げたい
■ 販売や営業で成功したい
■ マネジメント能力を向上させたい
■ トラウマやコンプレックスを改善したい
■ 自分のやりたいこと、人生の軸を明確にしたい


もし、あなたが上記のいずれか、あるいはすべてを実現したいと考えるなら、
この無料レポートはきっとお役に立てることでしょう。

スグに試せる/試したくなる内容が満載の『無料レポート』です。
ぜひダウンロードしてご活用ください。


今すぐ「NLP 無料レポート」をダウンロードする

大人気レポート【無料プレゼント】すでに55,171名がダウンロードした
『人生ビジネスステージめる心理学NLP秘密とは

「心理学NLPを学ぶことで、なぜ人生の結果が変わるのか?」

自分を高めて人生を120%楽しむ
「Life & Mind+の運営母体

NLP-JAPANラーニング・センターが監修し、すでに55,171人が読んだ『大人気・無料レポート』。

『人生とビジネスでステージを高める心理学NLPの秘密とは?』を無料で公開中!

仕事と人生が充実している人たちが実践中の心理学NLPの秘密。
こんな方に役立つ心理学NLPのスキルを公開しています。

■ ビジネスでより高い成果を上げたい
■ 人間関係の悩みや問題を解決したい
■ コミュニケーション能力を上げたい
■ 販売や営業で成功したい
■ マネジメント能力を向上させたい
■ トラウマやコンプレックスを改善したい
■ 自分のやりたいこと、人生の軸を明確にしたい

もし、あなたが上記のいずれか、あるいはすべてを実現したいと考えるなら、
この無料レポートはきっとお役に立てることでしょう。

スグに試せる/試したくなる内容が満載の『無料レポート』です。
ぜひダウンロードしてご活用ください。


今すぐ無料レポートをダウンロードする

Twitter・RSSでもご購読できます