ビジネス・仕事

明日はプレゼン!ムダな努力はしたくないアナタにお勧めの型と、やっておきたい練習法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

『どうしよう!プレゼンの準備ができてないけど時間がない!(汗)』
『せめて、合格ラインに乗せたいけど、経験も足りない気がする。』

プレゼンを、できるだけ短期間の練習で合格点に乗せるコツはなんだろうか?
まずは型を押さえることでしょう。

プレゼンにおける型は、構造を決めるものであり、骨格に相当します。
プレゼンの結果を決める重要なものです。
型さえできれば、まずは半分固まるといっても過言ではないでしょう。

そして、どんな上級者でも、最初は初心者です。
今回、武井壮さんや、羽生善治さんたち5名の動画を見てみたところ、使っている基本の型には共通点がありました。
徹底的に型にこだわり、プレゼンを乗り切りましょう。

ここでは、誰でも短時間で最低限の基準をクリアできるよう、型と練習方法を事例と共に紹介します。
さあ、早速始めましょう!

著者:足達 大和
全米NLP協会公認・NLPトレーナー

当サイト「Life&Mind」の運営元である「NLP-JAPAN ラーニング・センター」の専属トレーナー。5,000回以上という圧倒的な回数の研修実績を持つ。

NLP-JAPANラーニング・センターとは、日本最大手の「NLP総合スクール」で、NLP業界の世界5大組織と連携。日本で唯一、NLPの基礎から大学院レベルまでの学びを提供している日本最高峰のNLPトレーニング機関。

無料eBOOK

1.プレゼンの型はPREP(プレップ)にする

プレゼンのコツは型を覚えることです。
なぜならプレゼンでは、伝えたいことをわかりやすく届けられたら、合格点と考えられるからです。

その近道が、余計なことを入れず、型通りに伝えることだからです。
まずはこの合格点を目指しましょう。

そして、基本の型としてPREPを使うと良いでしょう。
なぜ、PREPのみを紹介するかと言うと、後述します通りプレゼンの達人、あるいはお手本にしたいようなプレゼンでも、この型が頻繁に使われていると見受けられたからです。

PREPは、下記4つのステップで話を構成します。

PREPとは内容
Point結論、要点、一番伝えたいことを伝える
Reason理由、証拠を伝える(なぜならば~)
Example事例、具体例を伝える(例えば~)
Point再度、結論、要点、一番伝えたいことを伝える

PREPの順番で話が進むと、聞き手が、

  1. ① P:どういう話が始まるのか、大枠・要点・主張がわかる、
  2. ② R:①の主張が真実らしいと、確信を覚え始める、
  3. ③ E:具体例を聞いて、①を自分の事としてイメージしやすくなる、
  4. ④ P:再度、①の要点や主張を聞くので、頭の中で内容がまとまり始める、

ことが期待できます。

場合によっては、R:理由や証拠が明確な研究結果で明確に打ち出され、E:事例は単に事例紹介ということがあります。
そして、R:理由のボリュームが少なく、E:事例や具体例によって、主張の説得力を増すという場合もあります。

どちらでも、主張が伝わることが大事ですので、内容によって柔軟に構成を組み立てていきましょう。

では早速、実際の動画を見ながら、どのようにPREPが使われているのか見てみましょう。

サンプル1.武井 壮さん
武井壮の『オトナの育て方』

【出典・参照元】武井壮百獣の王国

◆大きな枠組みで見ると

PREP内容
結論・要点・一番伝えたいこと今日は「大人の育て方」について話します。
どうやって生きていくのが、大人のあるべき姿か?
理由・証拠芸能界に入って、どうやって生きていくのが大人のあるべき姿か考えることが増えた。
事例子供時代の話、陸上の経験談、芸能人の話、現在の陸上競技の話、ジュニア教育、インドの話

価値あるものとはどういうものなのか?
結論・要点・一番伝えたいこと子供たちがより無邪気に過ごして、大人になっても、なにか失敗したっても、いつまでたっても夢を見れるよ。

自分の時間使って夢を叶える、そういう大人になって、子供と一緒に成長していきたい。

それが「大人の育て方」なんじゃないかって、今僕が感じる全てです。

◆小さな枠組みで見ると

PREP内容
結論・要点・一番伝えたいこと物事って何が価値を生むかと言ったら⇒人が求める数(板書)
理由・証拠スポーツにおいて、僕のクオリティは高いが価値がない。

なぜなら、それを人が求めている数がすごい少なかったから。
事例例えば、世界で最高品質の何か商品を作ったが、誰にも告知してないので、一つも売れてない。

これって社会的価値ありますか?ないですよね。

世界で10番目ぐらいのものだが、世界中の人が使ってて、世界中の人が欲しがってて、1年に10億個売れる。
これってすごい経済価値生みますよね。

結論・要点・一番伝えたいことそれ(人が求める数)が社会的価値だと思うのです。

サンプル2.羽生 善治さん
Take small risks & pay attention to coincidence TEDxTokyo

【出典・参照元】TEDx Talks

PREP内容
結論・要点・一番伝えたいこと『棋士がどんなプロセスで思考しているのか』について話します。

基本が、『三手の読み』というものです。

通常、2つ以上の選択肢を考えて、比較して判断(読み)をしています。
理由・証拠(ここに参加しているという現実を根拠にして)
TEDxTokyoに参加したらどうなるか、参加しなかったらどうなるかを比較して、無意識であっても、皆さんは何らかの選択をしているのです。
事例ビジネスの商談で3手先を読むことの話

TEDxTokyo会場に到着することの話

「じり貧」についての話
結論・要点・一番伝えたいこと自分がたくさんの情報から1つだけを選択するのは、後悔しやすいことでもあります。
しかし、それを冷静に客観的に見るなかで、論理的な『三手の読み』と、(感覚的な)『鳥瞰する・俯瞰する』はいろんな選択をするために役に立つのではないでしょうか。

サンプル3.Ms. Angela Lee Duckworth(Psychologist:心理学者)
Grit:The power of passion and perseverance(やり抜く力:情熱と忍耐)

【出典・参照元】TED

PREP内容
結論・要点・一番伝えたいこと子供たちへの教育で必要なのは、動機づけであることを、もっと理解する必要があります。
IQをよく使うが、学校や人生でうまくやれるかは、学習能力以外によるのでないでしょうか?
理由・証拠心理学者になって研究をしました。
陸軍訓練、スペリングコンテスト、教師が教鞭をとる事とその生徒の学習結果、民間企業での販売員の仕事継続と売上について調べました。

結果、成功を左右する特徴は【やり抜く力】でした。
事例シカゴの公立学校で、何千人もの高校2年生に、やり抜く力の研究をしました。

やり抜く力が高いほうが、より卒業にたどり着いていました。
結論・要点・一番伝えたいことやり抜く力を育てるのに一番良いのは、【成功思考】です。

学習する能力は、努力で変えられると信じることが大事です。

子供たちのやり抜く力を高めるため、私達自身がやり抜かなければいけないのです。

サンプル4.Mr. Steve Jobs
Steve Jobs 2005年・卒業式スピーチ

【出典・参照元】IMK777PEPI

全体的には、わかりやすくPREPだと言い切れません。
最初に、いまからどんな話をするのか?(3つの話をする)を伝えて、その中身を話して、最後に一番伝えたいメッセージを伝えているという流れです。

その3つの話とは以下の①~③でした。
その中で、③はPREPと捉えて良さそうですので、そこをピックアップしてご紹介します。

  1. ① 点と点をつなぐ話
  2. ② 愛と喪失の話
  3. ③死についての話

◆小さな枠組みで見ると

PREP内容【3番目の話】
結論・要点・一番伝えたいこと『もしあなたが、毎日をあたかもあなたの人生最期の日のように生きれば、いつの日か、ほぼ必ずそのとおりになるでしょう。』
その言葉は私にとって印象的でした。

自分がやがて死ぬという意識を持つことは、人生で重大な決断をするための、最も重要なツールです。
理由・証拠なぜなら、ほとんど全てのこと、外部からの期待全て、誇りの全て、きまりの悪いことや失敗への恐れの全て、これらのことは、死を前にして消え失せ、心に重要なものだけが残されるからです。

心に従えば良いのです。
事例自信の膵臓ガンと診断された時の話
結論・要点・一番伝えたいことあなた方の時間には限りがあります。

あなたの心と直感に従う勇気を持ってください。

心や直感はあなたが本当になりたいと望んでいるものを、既に知っているのです。

サンプル5.堀江 貴文さん
「平成26年度近畿大学卒業式」堀江貴文氏メッセージ

【出典・参照元】KINDAI UNIVERSITY

堀江 貴文さんの、近畿大学で行われた卒業式でのお話を見てみましょう。
原稿を読んでいる様子も見て取れますが、理解しやすく強いメッセージが受け取れるかと思います。

そして下記のとおり、大きな枠でも、その中の小さな枠でも、基本的には結論となる主張をして、理由があり、聞き手がありありとイメージできるよう事例があり、改めて結論が話されています。

◆大きな枠組みで見ると

PREP内容
結論・要点・一番伝えたいこと敷かれたレールを走る人生は終わります。

これからはレールがない世界に突入していくことになります。

自分で考える癖をつけなければいけないのです。
理由・証拠頭がいい人が、新しい技術が開発して、勝手に世の中を変えていっているからです。
事例日本が豊かな時代が終わった話
スマフォやSNSの普及の話
東南アジアの経済発展の話
インフラが整っていない国がどう発展するかの話
グローバル化の話
厳しい社会が来る話
今後の会社を含め、常識や価値観が変わるだろう話
自分の体験談
人間が未来予想図を描けないことの話
結論・要点・一番伝えたいことこんな時代だから、(レールはないけど)未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ。

◆小さな枠組みで見ると

PREP内容
結論・要点・一番伝えたいこと権威は当てにならない時代になります。
日本が豊かな時代は終わったのです。
理由・証拠インターネットが作り出したグローバル化が進んだからです。
事例タイ式マッサージの価格が札幌とタイで、こんなにちょっとしか変わらないのです。

年収、富裕層、お寿司屋さんの例もあります。
結論・要点・一番伝えたいことグローバル化が進んでいるのわかるでしょう。

時代が変わってるから危機感持ちましょう。

このように、大きな枠でも小さな枠でも、PREPは使えます。
PREPで話すと、話の全体的な枠ができてから、中身を聞くので理解しやすいです。
また、最後に改めて要点を聞けるので、理解した感覚も大きくなるでしょう。

構造をシンプルにすると良いと知ってはいたけれど、たくさんの型があって迷っていた方や、どれが最善かわからなかった方は、このシンプルなPREPを使えばよいですね。

PREPはもうバッチリできて、他の型も使う余裕が出てきたら、こちらの記事もどうぞ!

体験講座

2.プレゼンができるようになる練習方法

さて、型は安心してPREPに絞って行こうと決めたところで、早速練習です。
きっと練習を始めるときには、下記の目標と現状があることと思います。

目標◆意識的有能(考えるとできる)

・ある程度できるようになってきた
・習慣化されていない
・それを行うためにはある程度の集中力が必要な状態


この差を埋めるのが、練習です。

現状◆意識的無能(知っていてもできない)

・知識を得た
・それを実践することはできない状態

意識的無能の段階【知っていてもできない】というとき、まずは行動する(とりあえず始める)ことで、意識的有能の段階【考えるとできる】へと進んでいくことができます。

一生懸命に泳ぎ方を勉強するよりも、泳いでみるほうが、早く泳げるようになるのと同じです。

では早速、5つの手順をご紹介しますので、取り組んでみてください。

■手順1.型を用意する(テンプレートをダウンロードする)

PREPのテンプレートダウンロードはこちら。

1章で紹介した型を元に練習するので、まずは型を用意します。
手書きでも良いですし、PDFを用意してあるのでダウンロードしても進められます。

何を書くのかを見ながら考えることで、考えをまとめやすくするためです。
型を元に、何を話すのか考えながら、手順2へ進みましょう。

■手順2.ゴールにおける優先順位を明確にする

優先順位を明確にしなければ、プレゼンをなぜ始めたのか見失い、目的を達成できなくなるでしょう。
そこで、以下の質問を元に、プレゼンの目的、ゴール、優先順位を明確にします。

  • プレゼンの目的はなんですか?
  • 達成したいゴールはなんですか?
  • 目的・ゴールの優先順位はどうなりますか?

例)

  • 新商品を紹介するため(商品の理解、広告の設置許可、購入)
  • 企画を通すため(人員確保、社内周知)
  • 新しい事業への資金援助を依頼したいため(新しい事業の理解、資金援助の許諾)
  • 部署の成果を報告して、来期の予算を増やすため(成果への高い評価、予算獲得)
  • 新しい施策への決済を許可してもらうため(新しい施策の理解、資金調達)
  • 残業0時間の達成(各部署の協力、勤務時間の変更)

■手順3.スライドを作り、原稿を書く(20%できたら次に進む)

手順2までで、内容が明確になるので、手順1の型に手順2の内容を入れ込み、必要に応じてスライドを作ります。スライドを作りながら原稿を考えます。
全体の20%程度、あるいは大枠だけでも出来たら、手順4に進みます。
声に出して話してみるとわかることがあるので、とにかく声に出してみましょう。

■手順4.撮影しながら話す

スマートフォンなどで撮影しながら、話してみます。
すると、何が必要で、何が不要か、いま取り組むべき内容が明確になります。

思いのほか、書くよりも話すほうが早いと気づく方もいるでしょう。
人にはそれぞれ、得意な表現方法があるので、ここまで一気に進むことをオススメします。

■手順5.映像を見てスライドや原稿を修正します。

そして、早速手順4の映像を見て、手順2を満たせるようになっているか、スライドや原稿を修正していきます。

⇒手順4,5を繰り返します

■GOAL.繰り返して練習し、手順2で設定したゴールを満たすと判断できたら、練習は終了です。

3.プレゼンで取り入れる要素

既に、プレゼンで合格点を取るために最も大切な、【伝えたいことをわかりやすく届ける】練習が終わりました。
さらにプレゼンを良くするために、あるいは、残念な失敗を避けるために、型に加えて取り入れると良い要素もありますので、簡単に見ていきましょう。

3-1.外見(髪型、服装など)

まずは外見が、相手に受け入れてもらえるか、という点に注目してみましょう。
第一印象で、相手が受け入れてくれると、その後の話を受け入れてもらいやすくなります。

これは、初頭効果という心理作用によるものです。
最初に受けた印象が、後々までずっと影響を及ぼすので、第一印象は大切です。

では、相手が受け入れてくれる外見とは、どんな外見なのでしょうか?
なにしろ時間がない中ですので、何を着たら良いのか分からなければ、先輩に聞くか、正統派と思われるモノを選ぶのが無難です。

ここでは、気にかけると良いことと、抵抗を生みやすい悪い例を記すので、参考までにご覧ください。

場所気にかけると良いこと悪い例
顔周り髪型、髪色、メガネのデザイン、化粧、ヒゲは適切か?

清潔に保たれているか?
・髪色に規則があるような業界に対し、金髪で乗り込んだ。
・流行りだからと真っ赤な口紅を使い、浮いた。
・剃り残しのヒゲが、まばらに残っていた。
上半身シワや強い匂いがないか?

スーツまたは、上着があるか?

上着はボタンかホックで、閉じることができるか?
・タバコ、油もの、焼き肉等や、強い香水の匂いがする。
・ラフな服装で行ったら、相手が全員上着着用だった。
・ポケットに物を入れすぎて明らかに膨らんでいる。
下半身シワがないか?

丈が長すぎたり、短すぎたりしていないか?
靴下やストッキングは、清潔感があるデザインを選んだか?
・スカートやパンツが座りジワだらけだった。

・ちらっと見える靴下が、場にそぐわないほど派手なデザインだった。

・ストッキングが黒のフィッシュネットで過剰に艶めかしい。
足元靴は磨かれているか?

履物はその場に適したデザインだろうか?

清潔に保たれているか?
・サンダルやミュールのかかとがパタパタ音をたててしまう。
・革靴にシワが入っていて、擦り切れており清潔感がない。
持ち物
小物など
バッグや文具は適当か?

アクセサリーは適当か?
・お客様企業にとって、競合他社である会社の商品を目立つところに使っている。
・動くたびにネックレスがジャラジャラ音を立てる。

上記は、初対面で関係性が構築されていない状況を想定しています。特に顔や上半身は、目立ちますので配慮すると良いでしょう。

実際は、各業界に合わせ、ユニークなモノや、遊び心を取り入れるなど、状況にあった基準を取り入れると、その場に馴染みやすくなると思います。

3-2.話し方

適度に大きな声で、はっきり話すなど、基本的なことは最後に別の記事で紹介します。
ここでは、コツと思われるような小さなことで、違いを生む内容を記します。

話すときには、聞き手が耳から入った情報を受け取りやすいか?、頭の中にイメージを描きやすいか?と考慮して話すことを意識しましょう。

下記のような、聞くにあたっての【障害や抵抗が少ないか】に気を配ると、話は聞き取りやすくなります。

  1. ① 逆接の接続詞をやめる
  2. ② 聞き手のYESを取る
  3. ③ カタカナまみれをやめる

① 逆接の接続詞をやめると、小さな引っ掛かりがなくなっていきます。

逆接の接続詞がある逆接の接続詞がない
こんにちは、私は林と申しますが、本日はお集まりいただきありがとうございます。こんにちは、私は林と申します。本日はお集まりいただきありがとうございます。

声に出してみると、ちょっとした引っ掛かりを体感されるかと思います。
『でも、けど、ですが』などが口癖の場合は、徐々に減らしていくと良いでしょう。

② 聞き手のYESを取るとは、聞き手の頭の中に【YES】が出るようにすることです。

※ここでは「YES=共感的な反応」と考えています。

YESを取れない可能性があるYESを取れる可能性がある
まだ誰も知らないような新情報のみを伝える新情報の中に、既知の情報を入れ込みながら伝える

聞き手は、新しい情報を求めていたとしても、全く知らない内容が、全く知らない言葉で話されたとき、共感しづらくなります。すると、聞き手の頭には【?】ばかりになり、次第に興味・関心が薄れていく心配があります。

もしかするとあなたも、『未来に残したい平成の50曲!』などの情報を見て、自分が知っている曲や、自分も良いと思っている曲があると、『そうそう!』と共感して関心を持ち、全てのランキングを見るかと思います。

全く知らない曲ばかりが並んでいると、『なぁーんだ・・・』とがっかりした経験はないでしょうか。

30%くらいは、聞き手の世界観に合わせて話すことで、聞き手は『そうそう(YESという共感的反応)』と、興味を持ち続けてくれることが期待できます。

【出典・参照元】仕事ができる人の心得 小山 昇(著) 出版社:CCCメディアハウス

③ カタカナまみれをやめると、聞き手が情報を受け取りやすくなることが期待できます。

カタカナまみれカタカナがない
本日はエージェントのリクエストに応え、
CSアップに成功したプロジェクトについて、レクチャーします。
本日は代理店のご要望に応え、

顧客満足度の向上に成功した計画について、ご説明します。

プレゼンでは【自分が話す⇒聞き手が受け取る】という流れがあります。それが徐々にずれて、聞き手の受け取りが遅れていくと、最後には「ほぼ理解してもらえない」というゴールに辿り着いてしまいます。

または、分かりづらくなった時点で、プレゼンから意識が遠のいていく心配も生まれます。
カタカナの全てが悪いわけではありません。適度な配分にすることが大事です。

練習の手順2で撮影した動画を見ながら、①~③のポイントを確認しましょう。
そして、聞き手ができるだけ受け取りやすく、頭の中にイメージしやすいようにするために、わかりやすく話すことを心がけましょう。

話し方全般については、こちらをご覧ください!

3-3.資料

多くの場合、プレゼンテーションの資料を作り、それを元に話すことと思います。

スライド1枚、1メッセージが基本です。

【出典・参照元】一瞬で大切なことを伝える技術 三谷 宏治(著) 出版社:かんき出版

たとえば新発売のシャンプーを紹介したい時に、1枚のスライドに情報を詰め込むと、聞き手の理解が遅れてしまう要因となります。

図や絵といった、視覚的に理解しやすいスライドにするのはもちろん、1枚のスライドには、1メッセージを入れ込むようにしましょう。
そして、『聞き手は、読み込まなくてもわかるだろうか?』と問いかけながら作りましょう。

さて、もしも時間に余裕があり、もう一声スライドにこだわりたい!という方には、こちらの書籍をご紹介します。色の使い方なども、良い例と悪い例の対比が多いので、すぐに取り込める情報がたくさんありオススメです。

3-4.時間管理

完璧な原稿があっても、当日に余計なことを話してしまって、最後まで伝えきれなかったら、合格点は取れません。原稿の時点で前置きが長いなとか、質疑応答が考慮されていないと気づくと思いますので、当日も万全の準備をします。

対策はかなり基本的ですが、自分から見えて、相手から見えないところに時計を置くことをオススメします。

腕時計や、壁の時計をチラチラ見ながら話すと、印象が悪くなりやすいので、話しながら、軽く視線を移すだけで確認できる、演題やPCの横などに時計を設置しましょう。

そうして、当日に多少の増減があっても、ゴールに辿り着けるように、時間を管理してプレゼンを進めましょう。

3-5.情熱(マインド)

ただ情報を伝えるだけでは、人はなかなか動いてくれません。
プレゼンを行ったら、質問や感想など、なんらかのフィードバックがほしいですよね。
多少なりとも、相手に影響を及ぼすことを望んでいるのではないでしょうか。

そのためには、情熱を乗せて伝えましょう。
それによって、ようやくリアクションを得ることができます。

ここまで、わかりやすく伝える練習をしてきましたが、論理的であることと、情熱の両方が揃うことで聞き手に影響を及ぼすことにつながっていきます。

イメージで言うと、以下のように、論理的であることと、情熱の組み合わせで影響力を高めることが期待できます。

情熱だけで人は動きませんが、ロジックだけでも人は動きません。
右脳と左脳の両方に訴えるようにしましょう。

【出典・参照元】1分で話せ 伊藤 羊一(著) 出版社:SBクリエイティブ

急いで準備したとはいえ、せっかくプレゼンの場があるのでしたら、ぜひ、情熱を乗せて話してみましょう。

まとめ

すぐにプレゼンができるようにPREPの例を、動画と共にお伝えしました。

そうそうたるメンバーが、あるいはTEDのような世界的に有名なプレゼンの場で、PREPという型が利用されていることがわかりましたね。

次に、その練習方法の手順を記しました。

  1. 手順1:型を用意する
  2. 手順2:ゴールにおける優先順位を明確にする
  3. 手順3:スライドを作り、原稿を書く
  4. 手順4:撮影しながら話す練習をする
  5. 手順5:映像を見て原稿を修正しながら書く
  6. GOAL:手順4と5を繰り返し、手順2を満たせばゴールでした。

「なんだ、練習をしないでうまくやる方法はないのか・・・」と思った方がいらっしゃるとしたら、『そのとおり』です。イメージトレーニングだけでうまくできる方は、ある程度の経験がある方でしょう。

実際に声を出して練習すればするほど、プレゼンはうまくなります。

そして、ある程度うまくなると、相手が変わっても、場所が変わっても、人数が変わっても、対応能力が増していきます。何はともあれ、すぐに練習を始めましょう。

最後に、プラスして注意できると良いことを紹介しました。
【外見、話し方、資料、時間管理、情熱】ですね。
これらを押さえれば、あなたはプレゼンで合格点を取ることができるでしょう。

※プレゼンの合格点が取れるようになってきて、さらにステップアップしたいというときは、続けてこちらの記事をご覧ください! ↓

※この記事は「NLP話し方・プレゼンテーション心理学講座』の内容の一部を交えてお届けしました。
 ご興味をお持ちの方はこちらから

 ⇒ https://www.nlpjapan.co.jp/nlp-presentation.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

大人気eBOOK【無料プレゼント】
すでに55,171名がダウンロードした
『人生ビジネスステージめる心理学NLP秘密とは

「心理学NLPを学ぶことで、なぜ人生の結果が変わるのか?」

自分を高めて人生を120%楽しむ
「Life & Mind+の運営母体

NLP-JAPANラーニング・センターが監修し、
すでに55,171人が読んだ
『大人気・無料eBook』。

『人生とビジネスでステージを高める心理学NLPの秘密とは?』を無料で公開中!


仕事と人生が充実している人たちが実践中の心理学NLPの秘密。
こんな方に役立つ心理学NLPのスキルを公開しています。

■ ビジネスでより高い成果を上げたい
■ 人間関係の悩みや問題を解決したい
■ コミュニケーション能力を上げたい
■ 販売や営業で成功したい
■ マネジメント能力を向上させたい
■ トラウマやコンプレックスを改善したい
■ 自分のやりたいこと、人生の軸を明確にしたい


もし、あなたが上記のいずれか、あるいはすべてを実現したいと考えるなら、
この無料eBOOKはきっとお役に立てることでしょう。

スグに試せる/試したくなる内容が満載の『無料eBOOK』です。
ぜひダウンロードしてご活用ください。


今すぐ「NLP 無料eBOOK」をダウンロードする

大人気eBOOK【無料プレゼント】すでに55,171名がダウンロードした
『人生ビジネスステージめる心理学NLP秘密とは

「心理学NLPを学ぶことで、なぜ人生の結果が変わるのか?」

自分を高めて人生を120%楽しむ
「Life & Mind+の運営母体

NLP-JAPANラーニング・センターが監修し、すでに55,171人が読んだ『大人気・無料eBook』。

『人生とビジネスでステージを高める心理学NLPの秘密とは?』を無料で公開中!

仕事と人生が充実している人たちが実践中の心理学NLPの秘密。
こんな方に役立つ心理学NLPのスキルを公開しています。

■ ビジネスでより高い成果を上げたい
■ 人間関係の悩みや問題を解決したい
■ コミュニケーション能力を上げたい
■ 販売や営業で成功したい
■ マネジメント能力を向上させたい
■ トラウマやコンプレックスを改善したい
■ 自分のやりたいこと、人生の軸を明確にしたい

もし、あなたが上記のいずれか、あるいはすべてを実現したいと考えるなら、
この無料eBOOKはきっとお役に立てることでしょう。

スグに試せる/試したくなる内容が満載の『無料eBOOK』です。
ぜひダウンロードしてご活用ください。


今すぐ無料eBOOKをダウンロードする

Twitter・RSSでもご購読できます

コメントを残す

*