コミュニケーション

部下を育てる鍵はコミュニケーション「部下育成の重要ポイント5つ」

部下の育成がなかなか思うようにうまくいかない方へ、育成のための重要なポイントをお伝えします。上司としてあるべき姿や考え方に役立つ「偉人の名言」もご紹介します。
部下とともに成長できる上司を目指しましょう。

無料eBOOK_A

無料eBOOK_B

1.部下を育成するための重要ポイント

blank

上司にとって、部下の指導育成は部署の目標管理と並ぶ重要な任務です。

部下といっても相手は大人の社会人であり、思い通りに育ってくれるとは限りません。
しかし、部下それぞれが持てる能力を気持ちよく発揮してもらえば、チームが一丸となって目標達成に向かって進むことができます。

そこで、部下を育成するために重要となるポイントを5つあげてみます。それらを実践するにあたって前提となってくるのが、部下とのコミュニケーションです。日ごろのコミュニケーションがスムーズに行われてこそ実践できる内容となっています。

それでは、それぞれのポイントについて解説していきましょう。

1-1.ポイント①コミュニケーションをとり、部下のことをよく理解する

相手を理解するためには、「観察する」「対話する」の2つのアプローチが必要です。

対話、つまりコミュニケーションは、人間関係の構築における基本ですが、職場においても重要なものとなります。
相手のことを知れば知るほど、その人の得手・不得手や好き嫌い、価値観、そして本人も気づいていなかった隠れた才能などを見つけ出し、チームの役割分担に活かすことができます。

【具体的な方法】部下の話・考えをしっかり聞く(傾聴)

コミュニケーションで最も大切なスキルは、傾聴です。
傾聴とは、相手の話に耳を傾け、よく聴いて受け止めることを言います。

とかく「時間がない」「上司なのだから、アドバイスしてあげなくては」という気持ちで、部下の話を途中でさえぎったり、せっかく出てきた意見を聞き流して自分の意見を伝えたりすることがありませんか。
そうすると、部下の方は「上司に話しても仕方がない」という気持ちになり、コミュニケーションが途切れてしまいます。

まずは、程よく相槌を打ちながら、時々要約したり繰り返したりして、部下の話を受け止めましょう。そのためにはじっくり時間をとる努力も必要になってきます。

傾聴に関しては、以下の記事に詳しくまとめていますので、ご興味をお持ちの方は合わせてご覧下さい。

※コミュニケーションに関しては、こちらの記事もおすすめです。

  • 簡単だけど効果絶大! コミュニケーション能力が高い人の特徴7つと能力向上の秘訣は?
  • 1-2.ポイント②部下の成長につながる目標を設定する

    blank

    業務推進上の目標を設定するに際して、その目標設定が部下自身の成長を促すかどうかということを考慮に入れます。

    日ごろのコミュニケーションを通じて、部下の得手・不得手や仕事に対する意気込みを理解し、担当業務の様子や業務実績を見ながら、目標を設定しましょう。

    「本人の得意を伸ばす・苦手を克服するという両面のバランスをとる」ことや「今後のポジションで求められる資質・スキルが身につくようにする」といったポイントを心がけると、部下の成長につながる目標となります。

    そして、期初の面談などの場で目標設定の意図するところをきちんと伝えることで、部下も納得し、積極的に業務に励むモチベーションアップにつなげられます。

    1-3.ポイント③部下の成長につながる仕事を割り振る

    設定した目標を元に、部下の特性や進みたい方向性をふまえた仕事を任せると、本人のやる気が増し、成長が加速されます。この場合も、日ごろのコミュニケーションが不可欠です。

    一方で、本人の希望に直接応えはしないけれども、会社にとっては重要であり、その部下にぜひやってもらいたい仕事もあります。

    長い目で見ると本人の学びとなり、今後の役に立つ仕事であることを説明したうえで担当してもらうと、より部下が納得しやすくなるでしょう。

    1-4.ポイント④褒めるときはしっかり褒め、注意するときはしっかり叱る

    blank

    部下は褒められると、「自分を見てくれている」「認められた」と感じることができ、自尊心が満たされます。その結果、仕事に対するモチベーションが上がり、さらに意欲的に仕事に取り組むようになるのです。一方、納得のいく理由で叱られれば反省します。

    よって、褒めることと叱ることはとても重要な上司としての役目だと認識しましょう。
    褒める・叱るは、日ごろの働きぶりをよく見ていれば的確なタイミングで行うことが可能です。また、普段からしっかりとコミュニケーションがとれていることで、その効果も高まります。

    以下に褒めるとき・叱るときの留意点をお伝えします。

    【具体的な方法】

    ① 褒めるとき

    • 具体的事実にふれながら褒める。

    ② 叱るとき

    • 事実に対して冷静に指摘する。
    • 一方的に叱るのではなく、相手の言い分を聞いてから叱る。
    • 「こうしたら良くなる」というアドバイスを織り込む。
    • 逃げ道をふさがない。

    1-5.⑤部下のレベルに応じた苦難を与え、乗り越えさせる

    人間は困難に突き当たると、本能的に対応策を考え実行します。
    そして試行錯誤を重ねながら困難を乗り越え、達成感・充実感を得ると、次の仕事に自信をもって臨めるという良いサイクルに入ることができるのです。

    ですから、部下には「容易に達成できる目標ではなく、難しそうだけれども頑張れば達成可能なレベルの目標を設定させる」ということが人材育成のポイントとなります。

    2.部下を持つ上司の心構え

    人材育成は今に始まったものではありません。
    現代にも通じる先人が残した名言から、上司の心構えについて考えてみましょう。

    2-1.松下幸之助の場合

    松下電器産業株式会社(現パナソニック株式会社)の創業者で、「経営の神様」と呼ばれる松下幸之助は、こう言っています。

    「私の心境は“事業は人にあり”、つまり人がまず養成されなければ、(中略)事業は成功するものではないという感じがいたしました。」

    【出典・参照元】PHP人材育成WEBサポート「ビデオアーカイブズプラス」より

    事業は人材あってのものであり、人材の養成が一番大事であると言っています。

    電気製品を作ることは重要な使命ですが、それよりも先に、「電気製品を作ることが人々の生活を豊かにするという社会貢献につながるということを、自覚して行動する人材を育てることが重要な使命である」という考え方からきています。

    人材育成が事業やプロジェクトの成功はもちろんのこと、日々の業務遂行にも欠かせない、これはどのような業種においても普遍の事実といえます。

    2-2.山本五十六の場合

    blank

    太平洋戦争開戦時に、日本海軍で連合艦隊司令官を務めた山本五十六は、こう言っています。

    やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かず。
    話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。
    やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。

    企業で上司として部下を指導する立場の人だけでなく、組織でのリーダーや子どもを持つ親など、「教える相手」がいる立場の人にとっても、とても参考になる言葉です。

    実際に手本を見せたうえで、言葉で説明する。そして実際にやらせてみて、できた場合にはきちんと褒めてあげる。そうすることで、部下は自信を持ち、次は独力で進めるようになります。

    そして、できなかった場合にはどうすれば次にできるようになるかを部下と話し合い、自分の意見を押し付けるのではなく部下の自発的な意見に傾聴し、任せる。
    そしてその様子を観察し、部下を信頼することで人が育っていくということです。

    この短い名言にこれだけの行動が含まれていることに驚きますが、人を育てるにはこんなにもたくさんの場面で辛抱強く部下に寄り添うことが必要なのです。

    blank

    3.まとめ

    部下を育成する5つの重要なポイントと、2つの名言をご紹介しました。

    すべての基本となるのは、良いコミュニケーションです。
    これがあれば、部下の特性や進みたい方向性を理解し、部下に仕事を任せるにあたって部下の納得とやる気を引き出すことができ、能力を発揮してもらうことができます。

    そして、これは過去から現在、そしてこれからも変わらぬ考え方といえます。
    部下の話をよく聞き、上司としての期待や考えをきちんと伝えることが、モチベーション豊かな人材育成の鍵となります。

    ぜひ1つずつ実践していってください。

    ● 部下育成に役立つ「コミュニケーションのスキル」の記事はこちら
    部下が成長し、結果を出す「部下とのコミュニケーション」8つの方法

    ● 「コミュニケーション能力の高い人に共通した特徴」についての記事はこちら
    簡単だけど効果絶大! コミュニケーション能力が高い人の特徴7つと能力向上の秘訣は?

人間関係が劇的に変わる
コミュニケーションつの秘訣』とは?

eBOOKで公開!今なら【無料】プレゼント
blank
  • 部下やチームメンバーに思うように動いてもらえない
  • 営業や接客・販売の成績をもっと上げたい
  • 苦手な人とのコミュニケーションを解消したい
  • 言いたいことが伝わらずに悔しい思いをしている
  • もっと相手のことを知りたい・自分を知ってもらいたい
これらのことは、
すべて「コミュニケーション」次第で変化します。

私たちの周囲には、日々の人間関係の中で辛い思いや苦労をしている人がたくさんいます。もしかするとあなたも壁にぶつかった経験を持つ1人かもしれませんね。

そうした辛い思いも、コミュニケーションの秘訣を知っているだけで、実は簡単に解決してしまうことがたくさんあるのです。


もし、あなたが今、苦しい思いや辛い経験をしていて、
そこから早く解放されたい、あるいはもっと仕事で必要とされたり、周囲を巻き込めるような存在になっていきたいと真剣にお考えであれば、このeBOOKはその初めの一歩です。

メールアドレスを入力するだけです。
今すぐ下記からダウンロードし、ぜひ役立ててください。

blank



人間関係が劇的に変わるコミュニケーション
つの秘訣』とは?

eBOOKで公開!
今なら【無料】プレゼント
blank
  • 部下やチームメンバーに思うように動いてもらえない
  • 営業や接客・販売の成績をもっと上げたい
  • 苦手な人とのコミュニケーションを解消したい
  • 言いたいことが伝わらずに悔しい思いをしている
  • もっと相手のことを知りたい・自分を知ってもらいたい
これらのことは、
すべて「コミュニケーション」次第で変化します。

私たちの周囲には、日々の人間関係の中で辛い思いや苦労をしている人がたくさんいます。もしかするとあなたも壁にぶつかった経験を持つ1人かもしれませんね。

そうした辛い思いも、コミュニケーションの秘訣を知っているだけで、実は簡単に解決してしまうことがたくさんあるのです。

もし、あなたが今、苦しい思いや辛い経験をしていて、
そこから早く解放されたい、あるいはもっと仕事で必要とされたり、周囲を巻き込めるような存在になっていきたいと真剣にお考えであれば、このeBOOKはその初めの一歩です。

メールアドレスを入力するだけです。
今すぐ下記からダウンロードし、ぜひ役立ててください。

blank


Twitter・RSSでもご購読できます

コメントを残す

*